読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパンダの年子育児ライフ

娘(1歳)と息子(2歳)の年子を持つパパです。『1年間の育休』を取得したあと、思い切って会社を退職しました。現在無職!! 妻が統合失調症のため、サポートを兼ね積極的に育児参加をしています。

MENU

スポンサーリンク

育休を取って半年が経ちました

育休

この時期、カエルの大合唱が子守歌のパパンダです(´・ω・`)

f:id:papandaikuji:20160516224810j:plain

時には、うるさく感じてしまうけど、お子様の頃からこの大合唱を聞いていたので、妙に落ち着くんですよねぇ。

 

育休半年経過

f:id:papandaikuji:20160529213006p:plain

さて、私ごとですが、育休を取って半年が経過しました。

パパンダは、丸々1年取得する予定なので、半分が過ぎたことになります。

 

世の中の男性育休さんたちは、「1ヶ月だけ」とか「3ヶ月だけ」とか、短い人が多いんですかねぇ。よくわかりません。

確かに短い方が、仕事に支障がないですし、生活費などは育児休業給付金に比べると、お給与の方が断然いいですよね。

 

1年間という時間になった理由

1年取得する、と言っても最初の予定は「半年間」でした。

延長した理由は、ママンダの統合失調症の症状というか、育児の辛さというか、大変な部分があるので、それをよりカバーするためです。

半年でいいかなぁ、と最初は思っていたのですが、予想以上に年子育児はしんどい(´・ω・`)

ある程度は覚悟していたのですが、そんなもんじゃない。というか、やってみないとわかりませんねぃ。

 

あら、そんな急に1年間に延長するとなると、会社の人が困るのでは?とお思いになるかもしれませんが、少し干されている感があるので、問題ありませんでした。

会社としても、「延長したいです」と言われたならば、快く引き受けなければなりませぬ。

 

申し出から1週間くらいは、返事待ちをしていましたが無反応なので、上司であろうが進捗を突きました。

育児休業給付金の件でもそうですが、何事も突くのが肝心ですねっっ(´・ω・`)

 

こんなことばかりをしているから、干されちゃいます。

 

半年経過してみて 

この半年を思い返すと、短かったような、長かったような・・・。

日々、お子様の成長がリアルに見て取れるので、貴重な体験ができていると思います。

子育ては期間限定です。その時しか味わえません。

仕事なんざ、自分の代わりが沢山います。なんとかなります。

でも、お子様に取っての親は、自分たちしかいないんです。

これ、大事。

 

例え、仕事を干されようとも、育児を停めるわけにはいきませんっ。

 

この後の半年間も、様々なことがあるかと思います。

ひたすら突っ走ろうと思います!

 

お読みいただきありがとうございました。

それでは(´・ω・`)ノシ☆

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

↑ブログランキングに参加しています。

【スポンサーリンク】と【こんな記事も書いています】

【スポンサーリンク】