読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパンダの年子育児ライフ

娘(1歳)と息子(2歳)の年子を持つパパです。『1年間の育休』を取得したあと、思い切って会社を退職しました。現在無職!! 妻が統合失調症のため、サポートを兼ね積極的に育児参加をしています。

MENU

スポンサーリンク

天満屋倉敷店で開催の「遊べる水族園」に行ってきた

育休 育児

お魚は見るより、食べるのが好きなパパンダです(´・ω・`)

特にお刺身が大好き。

 

思い出として残るかどうかだけど、とりあえず行く

1歳児での思い出。

そんなのあるのかな(´・ω・`)

 

覚えていたとしても、少しの間かと思う。

だけど、行ける範囲のイベントごとには行きます。

だって、それがいい経験になるかもしれないじゃない!

 

そんな親の儚い思い。

子は知らず。

 

うん、それでいいんだよ。

 

どちらかと言うと、こういうのは親の思い出になりますね。

写真も撮っていれば、子供に語ることができます。

「この時は、すごくびっくりしててね!!ともて面白かったんだよ!」

みたいな感じですかね(´・ω・`)

 

~みて、さわって、たのしめる~

f:id:papandaikuji:20160817222232p:plain

~みて、さわって、たのしめる~遊べる水族園【倉敷天満屋】 より

こんなアオリがついてますよ。

だったら、1歳児にやってもらおうじゃないですか!

 

f:id:papandaikuji:20160817222358p:plain

~みて、さわって、たのしめる~遊べる水族園【倉敷天満屋】 より

 

今日は、パパンダと息子ちゃんと2人でお出かけです。

わ~い。

 

みて!

f:id:papandaikuji:20160817223139p:plain

ペンギンがいた!

親の方が興奮して、子供を置いてきぼりにしてしまうという・・・(*'ω'*)

息子ちゃんはペンギンが怖いのか、あまり近づきません。

画像右上のあたりが、撮影スポットな感じになっていたんですが、まったく近づきません。

 

左肩がセクシーだね!

 

さわって!

f:id:papandaikuji:20160817223401p:plain

おおぅ、おおぅ。

何やら怖いものに、平気で触ってます(;゚Д゚)

ペンギン怖がってたのに、なんでこれが大丈夫なの??

パパ信じられない!

 

飼育員?さんから手渡された、手のひらサイズのヒトデなんか、躊躇なく鷲掴みにしてましたよ。

(;゚Д゚)ええ~。

パパンダはその行為にビックリしすぎて、写真も撮れなかった・・・。

ビビりな性格は、パパンダゆずりです。はい(´・ω・`)

 

「お星さま!!」

と楽し気でした。OK!OK!

 

他にサメを触るコーナーがありました。

怖すぎて近づけなかった(;゚Д゚)ガクガク

 

たのしめる!

f:id:papandaikuji:20160817223743j:plain

金魚すくい、ザリガニすくい、小エビすくい、ヤドカリすくい。

これらが出来るようになっていました。

しかも無料です。

息子ちゃんは、まだ小さいのでご遠慮していただきましたわ。

だって、落っこちそうなんですもの。

 

「お魚、いっぱいいるねぇ!!」

と楽し気にしていたので、OK!OK!

 

それはともかく、すくったあとは持って帰るのかしら。

い、いらない(´・ω・`)

 

その後、楽し気に語ってくれたこと

「電車に乗ったの!」

という、まったく水族園とは関係ないことでした(´・ω・`)

 

そうね、電車に乗りたかったんだもんね。

そっちのほうが、思い出になるよねぇ。

いいんです、いいんです。その子にとって、何が思い出になろうと。

なんだっていいじゃない。

 

「す、水族園に行ったんだからね!それを語らなきゃ!」

なんて、親のエゴですね(´・ω・`)

 

こうなってくると、動物園に行ったときは、どんな反応をしてくれるのかな。

遊園地に行ったときは、どうかな。

など、わくわくが止まりません。

 

感受性が豊かになってほしい。

感動を味わってほしい。

いっぱいいっぱい元気に走り回ってほしい。

と、これでもかと親のエゴ妄想がフル回転してしまうのですが、それをどう感じるかはやっぱり子供次第。

 

さて、今度はどこに行こうかなぁ。

 

お読みいただきありがとうございました。

それでは(´・ω・`)ノシ☆

 

Twitterやってます。お気軽にフォローくださいませ。

twitter.com

 

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

↑ブログランキングに参加しています。

【スポンサーリンク】と【こんな記事も書いています】

【スポンサーリンク】