読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパンダの年子育児ライフ

娘(1歳)と息子(2歳)の年子を持つパパです。『1年間の育休』を取得したあと、思い切って会社を退職しました。現在無職!! 妻が統合失調症のため、サポートを兼ね積極的に育児参加をしています。岡山県在住。37歳。好きな食べ物は刺身です。お問合せは、papanda.life◆gmail.com までお送りください(◆を@マークに変更してください)

MENU

スポンサーリンク

6年ぶりの お仕事。統合失調症を抱えながら働く難しさについて。

妻はサクッと仕事をしたのに、僕はまだ無職。

どうも、パパンダだよ(´・ω・`)

 

先日、妻が6年ぶりとなる お仕事をしました。ガッツリと1ヶ月間フルタイム!というわけではなく、短期のアルバイトを3日間です。

 

『え?たった3日間でしょ』

とか思うかもしれないけど、これ妻にとっては すごい事なんですよ。

前進なんですっ(*´ω`*)

 

統合失調症のひとがすべてそうだっ、というわけではないんですが、お仕事をするのが ちょっと難しんです。

どんな感じだったのか、つらつらと書いていきますよ。

 

【目次】

 

働くキッカケは 僕の無職

f:id:papandaikuji:20170301001521j:plain

共働きでないかぎり、一家の主が無職になると収入がなくなります。当然です。

そうなると、食うのに困りますよね。それだけではなく、普段の支払いが難しくなってきます。

だったら、一番の近道は『働くこと』です。

 

僕も焦ってはいますが、割と「のほほ~ん」としているので、『まぁ、なんとかなるだろう』といった雰囲気になっています。

それを見ている妻としては、常に危機を感じ、加えて大きな不安も感じていました。

 

『夫が働かないのであれば、私が働くしかないっ!!』

と思っての行動なんです。

こんな思いをさせてしまった・・・。ごめんさない~。

 

長く続かない

働くとしても問題点があります。

それは、「長く続けることができない」というものです。

妻自身は頑張ろうとしています。だけどなぜだか、続けることができないっ。職場に行けなくなっちゃうんです。

 

これは、とても辛いことです。

 

今までやっていた仕事も、途中で行けなくなってしまい辞める、というパターン。

こうなってくると、どんどん働くことが怖くなっていきますよね。

 

6年前も、このパターンで仕事に行くことが出来なくなり、退職をしました。

当時、僕は働いていたし、妻の障害者年金も出ていることだし、『別に無理して働かなくてもいいんだよ』という話になり、最近まで『専業主婦』だったんです。

 

でも、妻としては働くことを諦めたわけではありませんでした。

 

いずれは年金支給がなくなるかもしれない

f:id:papandaikuji:20170301003804j:plain

去年、妻の障害者年金が減額されました。

減額された、ということは、もしかするとそのうち「支給自体がなくなる」かもしれない可能性があります。

 

お恥ずかしながら、我が家は僕の収入だけでは十分な金額がなく、やっていけません。

だからこそ、妻の障害者年金を頼っていたんですよね。

それがなくなると、あら大変。

 

支給がなくなることを見越して、働く準備をしておかなくてはいけないんです。

でも、働けない。続けることができるかどうか、わからない。

 

そんなジレンマ。

 

僕が無職で不安だし、ジレンマはあるし、本当にしんどかったと思います。

その中、働いてきた妻は、すごいと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

 

身近に良い例があった

僕たち夫婦には共通の友達がおり、その人は「双極性障害」を患っています。

患いながらも、上手に働いてるんですよねっ。

 

それが、今回妻も実践してみた「短期アルバイト」です。

もちろん働くとなると、正社員やフルタイムみっちりアルバイトなどのほうが、金銭的には潤います。

しかしそれと引き換えに、体調を崩したり、心が不安定になっちゃうと元も子もないです。

 

『あ~、だったら短期アルバイトじゃね?』という考えが自然に浮かんできそうですが、それすらも難しいかなぁ、と思う不安感。

でもね、この友達はそれを実践して、無理なく お仕事をしているんです。

 

だったら、真似をしてみればいいですよね。

やってみないと、本当にダメかどうかわかりませんっ。

 

このお友達には、いろいろと相談もしているので、感謝しています(*´ω`*)

 

久しぶりに お仕事をしてみて

f:id:papandaikuji:20170301003931j:plain

妻に聞いてみました。どうだったんでしょうか。

まず一番に、『疲れた・・・』という言葉が出てきました。そりゃ、そうですよね。なにせ6年ぶりですから。

 

短期アルバイトをしていたとき、夕方に帰ってくると、グッタリです。

ご飯をやっとこさ食べて、育児を頑張ろうにも難しい状態でした。

お疲れさまです(/・ω・)/

 

無事に働けたことについて「自信がついたのか」も聞いてみました。

『まだまだ。もう少し、経験が必要。その上で自信もつくかも。やっとスタートラインに立ったところだよ』とのこと。

 

よく頑張ったね(´;ω;`)ウゥゥ

 

その人に合った働き方がある

f:id:papandaikuji:20170301004242j:plain

今のところ、妻にとっては「短期アルバイト」という働き方が合っています。

だんだんと平気になってくれば、「週3日勤務のアルバイト」「週5日みっちりフルタイム」とかになってくるんだと思います。

 

無理はしなくていいんです。

だんだんと、できることに挑戦していけばいいんです。

体調を崩したり、心が疲れたりしたら、休んでもいいんですっ!!

 

無理は禁物。

僕としては、それを支えていければなぁ、と思っています。

いや、支えていきますとも。

 

お読みいただきありがとうございました。

それでは(´・ω・`)ノシ☆

 

Twitterやってます。お気軽にフォローくださいませ。

twitter.com

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

↑ブログランキングに参加しています。

【スポンサーリンク】と【こんな記事も書いています】

【スポンサーリンク】