パパンダの年子育児ライフ

娘(1歳)と息子(2歳)の年子を持つパパです。『1年間のリモートワーク』さらに『1年間の育休』を取得したあと、思い切って会社を退職しました。現在無職!!お仕事募集中です。 妻が統合失調症と自閉症スペクトラムのため、サポートを兼ね積極的に育児参加をしています。 岡山県在住。38歳。好きな食べ物は鰆(さわら)の刺身です。 ご意見、ご感想、お仕事依頼がありましたら、papanda.life◆gmail.com までお送りください(お手数ですが◆を@マークに変更してください)

MENU

スポンサーリンク

遠足の楽しさは、半分以上 先生たちの努力によってできていると感じた

25年振りくらいに遠足へ行ったパパンダです(´・ω・`)

 

子供のころ、遠足がとても楽しみでした。みなさんも、そうではないですかねぇ。

この話しは5月の頃のことなんですが、保育園で遠足のイベントがあったんです。

子供達にも遠足の楽しさを体験して欲しいので、迷いなく参加をしましたよ。

 

・・・とか言いながら、僕が一番楽しんでたんですけどね(;'∀')

よくよく考えると、この楽しさの裏には保育園の先生方が準備をしっかりしてくれていたから、という事実がありました。

感謝をしつつ、振り返ってみます~。

 

【目次】

 

例年のことなので慣れている?

f:id:papandaikuji:20170704123358p:plain

初めての保育園なので、詳しい事はわからないんですが、毎年5月に遠足をしているハズです。

となると、○月○日には案内をして、あそこに連絡して、プリントを作って・・・というスケジュールがあるに違いありません。

 

だったら楽なのかなぁとか思っちゃうけど、そうじゃないですよね。

絶対に大変です(;^ω^)。ありがとうございます。 

 

先日、子供達がお昼寝をしているとき、息子ちゃんだけを迎えに行く事がありました。

そのとき目撃したのは、先生方が寝ている子供達の隣で事務作業をしていた姿。

(;゚Д゚)!! 先生方、『ふぅ、寝た寝た。お茶でも飲むか』では ないんですねっ。

 

遠足や他のイベントの準備は、こうした時間を利用してやっているんですね。

頭が下がります<(_ _)>

【スポンサーリンク】

 

 

集合時間前に集合

f:id:papandaikuji:20170704123604p:plain

遠足の目的地へは現地集合でした。

「9時45分までには来てください」と言われれて、僕たち親は10分前くらいに着くよう行きますよね。

 

さて、現地集合と言われたけど、現地のどこに集まればいいのかわからない(´・ω・`)・・・と思っていたところ、ある姿を確認しました。

それは、いつも保育園で見る同じエプロン姿。めっちゃわかりやすい(*'▽')

 

子供達も、「わ~、先生だぁ」みたいな感じで、ニコニコ近づいていきます。

てっきり普通の服装をしてくるものだと思っていた。

 

そして、何より集合時間前よりも早く着いて、受付の机や腕章、入場券などを全てを用意し、園児たちが来るのを待っていたんですよねぇ。

まぁ、よく考えると当たり前の行動ですが、なぜかその時僕は、

「先生たち、すげぇ!遠足がスムーズに運んでいる!ありがてぇ(*´ω`*)」

と思いました。

 

手遊びの発表もあり

f:id:papandaikuji:20170704123810p:plain

目的地は遊園地だったのですが、その場所でただ遊ぶだけではなく、広場に移動して手遊びタイムもありました。

これは僕たち親向けに、いつも保育園でやっている「手遊び」を見せてくれるという意味合いもあったんですよねぇ。

 

5月頃は、保育園に入ってからまだ1ヶ月ほど。

息子ちゃんに「保育園で、どんな遊びをするの?」と聞いても、ポカ~~ン( ゚Д゚)として何もわかりません。

 

だから、これはすごくありがたかったなぁ(*´ω`*)

へぇ!こんな感じでやってるんだ! ぬあぁ!!息子ちゃんも一緒にやっている!!

という思いや、息子ちゃんの成長を見る事が出来たんです。

 

1歳児の娘ちゃんは、ポカ~~ン( ゚Д゚)としてたけどね。

 

先生方は、親が見ていてもお構いなし。超ハイテンションでやってました。

ふと横を見ると、前で発表していない控えの先生方も手遊びしたり、踊っているではありませんかっ。

プロだ!(/・ω・)/

 

写真撮影のスタッフがいた

f:id:papandaikuji:20170704124111p:plain

やっぱり遠足はこれですね。写真撮影の専属スタッフが居ましたよね。

なにせ25年振りの遠足なんで、存在を忘れていました。撮影スタッフを見たとき「あ~!いたいた、カメラマン(*'▽')」と懐かしく思いましたよ。

 

今でこそスマホがあるので、親がパシャパシャと撮影することができますが、難点があります。

それは、家族全員で一緒に写れないこと。

 

でもですな、撮影スタッフがいると家族写真を撮ってくれるんですわぁ(*'▽')。あぁあぁ、超ありがたかった。

お弁当を食べているところ、遊園地で遊んでいるところを、撮ってもらいましたよ。

 

さて、撮影班が居たということは、写っている写真を購入しなくちゃいけませんよね。

僕の時代は、現像された写真がザザァァァ!!と並べられ、それぞれに番号が振ってましてね、欲しい写真を封筒に書いていくシステムだったんですよ。

 

うぉ!懐かしい!あれやるんかな。

と思っていたんですが、時代が違いますね。そもそも、カメラもデジタル一眼レフですよ。

 

データがアップロードされているホームページを案内されて、「あとは、ご自由に買ってください!」形式でした。

すげぇ、この時代すげぇ。

現像したものも注文できるし、データだけを買うこともできます。

 

こういったサービスの手配もしてくれているところにも、感謝です(*'▽')

 

こうして、先生方の努力の結果素晴らしい遠足を体験できました。

もう保育園の方向に足を向けて寝られないっ(/・ω・)/

 

お読みいただきありがとうございました。

それでは(´・ω・`)ノシ☆

 

Twitterやってます。お気軽にフォローくださいませ。シェアもしていただくと嬉しいです。

twitter.com

【スポンサーリンク】と【こんな記事も書いています】

【スポンサーリンク】