パパンダの年子育児ライフ

娘(1歳)と息子(2歳)の年子を持つパパです。『1年間の育休』を取得したあと、思い切って会社を退職しました。現在無職!! 妻が統合失調症と自閉症スペクトラムのため、サポートを兼ね積極的に育児参加をしています。岡山県在住。38歳。好きな食べ物は刺身です。お問合せは、papanda.life◆gmail.com までお送りください(◆を@マークに変更してください)

MENU

スポンサーリンク

パパ失業中。子供と一緒にママの扶養に入ろうとしたけどダメだった話し

扶養されて、家計を楽にしたかったパパンダです(´・ω・`)

 

妻がフルタイムの仕事を始めました。

と言う事は、現在の国保(国民健康保険)を抜けて、社保(社会保険)に加入することになります。

おおっ(/・ω・)/☆ だったら、パパと子供達を扶養に入れておくれ!!保険料が安くなるべ。

 

そう簡単に思ったけど、扶養に入れなかったというお話です。

結論から言うと、僕の失業保険の金額(基本手当日額)というものが、ほんの少し妻のお給与より高かったからです。

 

【目次】

 

国保と社保のダブル保険料で負担増

f:id:papandaikuji:20170428152706p:plain

妻が社会保険に入るまで、我が家は全員国民健康保険でした。国民健康の保険料は、収入と家族構成によって決まります。

我が家は平成28年の収入が、育児休業を取得していたため、超少なかったんです。だから、減免申請をして保険料を安くしてもらいました。

関連記事

育児休業後の退職で国民健康保険に加入。減免申請で保険料を安くしたよ。

月々2万7,200円が、1万8,700円くらいになったんですよ(*‘ω‘ *)

 

ここにですね、妻の社会保険料(健康保険料)がさらに上乗せされると、家計的に痛いです。給与から控除(天引き)されるので、見た目の負担はないんですけどね(;^ω^)

給与をもとに計算された、妻の健康保険料は約6,500円。

(;゚Д゚)安いっ。こ、これで家族全員を扶養してくだちゃい!!

 

僕の中では、家計に占める健康保険料が1万8,700円から6,500円に変わるイメージ、だったんです。

【スポンサーリンク】

 

 

 

失業保険受給中は扶養に入れない

f:id:papandaikuji:20170428153701p:plain

まったく扶養に入れないわけじゃなくて、基準があるんですよね。

ハローワークで、失業保険受給手続きをしたときにもらう『雇用保険受給資格者証』に載っている『基本手当日額』が、3,612円以上だとダメなんですよ~。

複雑(;'∀') めんどい、普通わからん・・・。

f:id:papandaikuji:20170428104834p:plain

https://www.hellowork.go.jp/dbps_data/_material_/localhost/doc/info_1_e5_02.pdfより画像引用、加工

 

だいたい普通にフルタイムの仕事をしていて退職した場合、ここが3,612円超えちゃいます

僕が前職で社会保険の手続きをしていた時は、

  1. 失業保険受給の延長をして扶養に入る
  2. 待機期間中に扶養に入って、受給中は抜けて、受給終了のあとまた扶養に入る

みたいに、2パターンありました。

 

僕の場合は、受給を延長するつもりはないので、そもそも入れない。

でも、なぜだか待機期間中ではあったけど入れませんでした。妻が加入した健康保険組合の担当者さんから『入れないですねぇ』って言われたんです。

なんでじゃ(# ゚Д゚)。よう知らんけど、言われたから仕方がない。

 

子供達は扶養にすればいいじゃん

f:id:papandaikuji:20170428154114p:plain

うん、ナイスアイデアです(*‘ω‘ *)。この時は、我ながら頭がさえていると思いました。

国保(国民健康保険)から妻と子供達が抜けると、さらに保険料が安くなります。ちょっとだけ負担が減りそうですよねぇ。

 

だけども、だけども。

冒頭でお伝えしたように、子供達も妻の健康保険の扶養に入れられなかったんですよねぇ。

f:id:papandaikuji:20170429085514p:plain

それはなぜか。

やはり、ここにも失業保険の『基本手当日額』がからんできて、ダメになったそうです。

そう、言われた(´・ω・`) 

f:id:papandaikuji:20170429085724p:plain

僕の失業保険と妻のお給与を比べ、年間計算すると僕のほうがちょっと多くなるそうなんです。

その場合、「子供の扶養は収入が多い方に入れてください」ってことを言われたんです。

ようわからんけど(´・ω・`)

 

前職で社会保険を担当していたと言えど、これは知らなかった。

というか、世の中経験しないとわからないことがたくさんあるなぁ(勉強不足の言い訳)。

 

ついでに厚生年金保険料が発生することに

f:id:papandaikuji:20170429090030p:plain

フルタイムで働くということは、厚生年金にも加入することになります。保険料が発生しますよね。

それまでは国民年金に加入しているわけで、やっぱり保険料はあります。

でも我が家では「パパ:免除申請」「ママ:法定免除」をしていたので、保険料の負担は なかったんです。

関連記事

国民年金保険料の支払いが厳しい。ママは障害者年金をもらっているので「法定免除」、パパは退職したので「申請免除」をしたよ

働いている以上 払うべきものですが、気持ちとしては「出費がイタイ(;^ω^)」って感じでした。

 

ちなみに もし扶養された場合、 パパは「第3号被保険者」になって保険料を払わなくても払った事になります。おいしいですよね。

妻の厚生年金保険料が約1万4,000円だから、それで2人とも納付していることになるんですよ~。

国民年金の場合は、2人分約3万2,000円を支払って初めて「納付している」わけなので、いかにお得かわかりますよねぇ。

 

あぁ、残念じゃ(´・ω・`)

 

だけど当然4月分の国保料は安くなる

f:id:papandaikuji:20170429092010p:plain

妻が国民健康保険から抜けたので、少しは安くなるハズです。それがいくらになるのかは、7月中旬に届く納付書を確認するしかありません。

3月まで支払っていた料金は、平成28年の収入を見てから判断したものでした。

今度届く、7月分以降の料金は平成29年の収入概算で計算されるみたいです。

 

・・・平成29年収入も少ないぞ(*‘ω‘ *)。納付書が届いてみてから、額面が初めてわかります。その際、また減免手続きが必要なのか、そうでないのか担当部署に聞いてみようと思います。

 

それよりなにより、早く僕が就職するのがいいですねっ。

 

お読みいただきありがとうございました。

それでは(´・ω・`)ノシ☆

 

Twitterやってます。お気軽にフォローくださいませ。

twitter.com

【スポンサーリンク】と【こんな記事も書いています】

【スポンサーリンク】