パパンダの年子育児ライフ

娘(1歳)と息子(2歳)の年子を持つパパです。『1年間のリモートワーク』さらに『1年間の育休』を取得したあと、思い切って会社を退職しました。現在無職!!お仕事募集中です。 妻が統合失調症と自閉症スペクトラムのため、サポートを兼ね積極的に育児参加をしています。 岡山県在住。38歳。好きな食べ物は鰆(さわら)の刺身です。 ご意見、ご感想、お仕事依頼がありましたら、papanda.life◆gmail.com までお送りください(お手数ですが◆を@マークに変更してください)

MENU

スポンサーリンク

男性の育休取得に関する卒業論文を書いている大学生さんからインタビューを受けたよ

卒業論文を書いたことがないパパンダです(´・ω・`)

 

先日、お問合せフォームから「男性の育休取得に関する卒論を書いています。お話しをお聞きたいです」というメッセージをいただきました。

おおっ、ブログで育休のことを書いていると、こういう出会いもあるんですねっ。

 

答えは、もちろんOK!どんとこ~い(*´ω`*)

僕で良ければ、答えらえることを答えまくります!

 

育休が明けて半年以上経ちますが、改めて「男性の育休」について考えさせられました。

今回は、そんなお話しです。

 

【目次】

 

男性の育休取得率は3.16%

f:id:papandaikuji:20170825143034j:plain

2016年の男性育休取得率は3.16%でした。少なっ。

その前が2.65%だったので、上がったと言えば上がっていますね。

でもやっぱり、少なっ。

 

この中には「2日、3日でも育休を取得したひと」も入っています。

それもう、育休じゃなくて有給休暇??

 

僕は1年間取得しましたが、これは珍しいんでしょうねぇ。

関連記事

男性として1年間の育児休業を取得してみて、わるかったこと、よかったこと。そして、これから取得するあなたへ。

 

政府の目標は13%だそうですが、これは到底達成できないと思っています。

あまり成果も現れていないようですしね。

 

がんばれ~(棒読み)

 

【スポンサーリンク】

 

 

声をかけてくれたことがうれしかった

f:id:papandaikuji:20170825143128j:plain

そんな世の中が気になったのか、そうでないのかはわかりませんが、お問合せしてくださった大学生さんは、男性の育休について興味を持たれたみたいです。

興味を持たないと、それを卒論のテーマにしないですよね(;'∀')

知らんけど。

 

まずは、興味を持ってくれたこと自体、僕はうれしく思いました。

なんか上からの発言みたいですが、経験者として男性育休に注目してくれたことが、うれしい。

そしてその経験を聞きたい!と思ってくれたことが、さらにうれしかったんですよ~(*´ω`*)

 

 パパンダおじさん、がんばるわ。

 

卒論を書いているということは、4年生ですかね。4回生っていうの?

日々いろいろと忙しいと思うんです。バイトもしているかもしれないし、授業もあるだろうに(あるのかしら)。

 

就活はもう終わってんのかな。

僕、大学行ってないので大学生の生態がさっぱりわかりません。

 

勝手に忙しさを想像し、そんな中でお声かけいただいただなんて!!と思ったわけです。

 

パパンダおじさn、がんばるわ(*´ω`*)

 

準備をしっかりして質問をしてきている

f:id:papandaikuji:20170825143156j:plain

卒業するための論文ですからね、そりゃしっかり準備をしてきているでしょう。

どんなふうにインタビューが進むのか、楽しみにしていました。

 

まずは、簡単なアンケートに答えたんですが、指定されたURLに飛ぶ形式でしたよ。

おお、最近はこんなサイトまで作るんですね。

ITだ!

 

ネットが使えると何かと便利ですね。

そうでなければ、質問を印刷した紙を用意して、わざわざ書いてもらわないといけません。

集計だって面倒です。

 

それになんたって、男性育休経験者を探すのが大変です。

今は、僕のようにブログに書いているひとがいるので、見つけることができます。

 

ネットがない場合を想像すると、書けないタイプの論文ですよねぇ。

だって考えてみてください。

周りに男性育休経験者っていますか?? 3.16%しかいないんですよ。

 

大学生だと、そんな知り合いいませんよ。

そこをネットのチカラで補う。

 

いい時代だなぁ(*´ω`*)

 

様々な質問に答えるなか、新しい考えに行きつく

f:id:papandaikuji:20170825143242j:plain

質問内容は ここに書く事ができないんですが、いわゆる一般的なことです。

そつなく答えられます。

 

う~ん・・・と考えるところは、これまでのブログ記事を自分で見返し、回答です。

ブログって、過去の自分の考えを見る事ができるのでいいですよねぇ。

 

その一方、新しい考えも出てきました。

男性が育休を取りやすくするためには、どうしたらいいかなぁ~。

 

育児休業給付金を現状の67%(最初の半年間のみ。次の半年間は50%)支給を、頑張って80%くらいにしてくれたら、うれしいなぁ。助かるなぁ。

できれば、100%がいいんだけどね!!

 

ついでに企業側へも、同じ額を「育休取得者助成金」とかで支給、みたいな!

今も助成金があるにはあるけど、しょぼいんですよね(;^ω^)

 

でも、その財源確保をどうするかっ。

こういうものは、税金ですよ。

 

現状の労働保険料率では到底確保できないから、『労働税』とか作っちゃえばいいんです。

所得税みたいなシステムで、所得が多いほど税徴収も多くなる!

 

どうだ!

法律のことは、よく知らんけど(´・ω・`)

 

こんな感じで、ひとりで楽しんでいました。

 

誰かの役に立つことがうれしい

f:id:papandaikuji:20170825143312j:plain

ちょっとしたことだけど、この大学生さんのお役に立てたかなぁ。

そうだと うれしいな(*´ω`*)

 

ブログを書く事によって、他のひとにも何かしら役に立つ記事になっていれば、さらにうれしい。

そう思って今まで書いてきました。

 

身近なところでは、家族に対して何か行動を起こしたときに、喜んでもらうとうれしいですよね。

見返りを期待しているわけではないですけどね。

・・・いや、少ししているかしら。だって人間だもの。

 

これからも、役に立つパパンダおじさんでいたいです。

 

お読みいただきありがとうございました。

それでは(´・ω・`)ノシ☆

 

Twitterやってます。お気軽にフォローくださいませ。シェアもしていただくと嬉しいです。

twitter.com

【スポンサーリンク】と【こんな記事も書いています】

【スポンサーリンク】