パパンダの年子育児ライフ

娘(1歳)と息子(2歳)の年子を持つパパです。『1年間のリモートワーク』さらに『1年間の育休』を取得したあと、思い切って会社を退職しました。現在無職!!お仕事募集中です。 妻が統合失調症と自閉症スペクトラムのため、サポートを兼ね積極的に育児参加をしています。 岡山県在住。38歳。好きな食べ物は鰆(さわら)の刺身です。 ご意見、ご感想、お仕事依頼がありましたら、papanda.life◆gmail.com までお送りください(お手数ですが◆を@マークに変更してください)

MENU

スポンサーリンク

パパはキス魔だから子供達とママにチュッチュッ。それを受け継ぐ子供達、そして遠のくママ。

1日に1回はチューをしないと気が済まないパパンダです(´・ω・`)

 

そこのあなた、チューしていますか。

投げキッスでもいいし、ほっぺでもいいぞ。

 

僕は、おはようのチューから始まり、お出かけのチュー、何かにつけてチュー、そしておやすみのチューまで、チュッチュッ三昧です。

あいさつ代わりと言っていいです。

 

それらは「気軽」「軽率」にしているわけではなく、精一杯の愛情表現なんです。

ただし本人はそう思っていても、受け取るひとが快く思っていないこともしばしば(;'∀')

 

そんな、世間では普段聞かないであろうチュッチュッ事情のお話しです。

 

【目次】

 

子供達へは 口にチューしてないよ

f:id:papandaikuji:20170815001649j:plain

いくら自分の子供達と言っても、お口にチューはしません。

ほっぺに軽く、ブチュ~!としています。

 

毎日毎日繰り返されることなので、子供達へ「はいっ、パパにもチュー!」とリクエストすると、渋々やってくれます。

もう、渋々だっていい。それで満足。

 

たまに間違って、子供達の方からお口にブチューとしてくる時もありますけどね。

 

男同士である息子ちゃんとだってしますよ。

かわいいですもの。

 

子供達が小さいうちだけですよ、こんな事をさせてくれるのは。

そのうち「汚い!」とか言われそう(´;ω;`)ウゥゥ

でも、出来る限り長くやっていこうっと。

 

【スポンサーリンク】

 

 

夫婦のチュッチュッは子供達の前でもやってます

f:id:papandaikuji:20170815001715j:plain

パパが子供達にキスをするのに、ママとしないのは変だと思うハズです。

なので、な~~~んにも恥ずかしいことはないので、子供達の前でチュッチュッやっています。

 

おはようのチュッ、いってらっしゃいのチュッ、すれ違いざまにチュッ。

この合間に、子供達をつかまえてチュッとか織り交ぜたりもします。

 

「きゃ~~~~」とか言って逃げられますけどね(;'∀')

 

逃げられるのは子供達だけではなく、悲しいことにママにも逃げられます。

なぜ逃げるのか聞いてみたところ、「恥ずかしい・・・」とのこと。

 

いやぁ、公衆の面前でしているわけでもないし、大丈夫でしょ~。

というのは僕の意見なのですが、ひとそれぞれの気持ちがあるので、なんとも言えないところです。

 

そして愛情表現の差に気づく

f:id:papandaikuji:20170815001817j:plain

僕の両親が、僕みたいにキス魔だった!!というわけではありません。

そんなの見たこともないし、「好きだ」とか言っているのも聞いたことがありません。

 

だから、昔からの生活がこの僕を生み出したわけではないんですねぇ。

突然変異か(´・ω・`)

 

愛情表現として他には「好き」とか「愛している」とか、そういうことをたくさん言います。

これでもかってくらい言います。

 

それは、子供達にもママに対してでもです。

これらは実に効果的で、息子ちゃんから「パパのこと大好きなのっ」と言われるようになりました。

もちろん、「パパも負けないくらい大好きだよ!」と返答しています。

 

ただ!ただですね、ママの反応が芳しくありません(;'∀')

やっぱり恥ずかしいのか、あまり言ってきませんね。

ここに、愛情表現の差を感じてしまいました。

 

自分が安心したいから表現する

f:id:papandaikuji:20170815001848j:plain

ちょっと分析してみたんです。なんで、僕はこんなことをするんだろうって。

そうすると、今の幸せというか、心地いい空間がなくなるのが不安なんです。

 

「好きだよ」という言葉を発すること、キスをすることによって一時的につなぎとめようとしています。

たぶん。

 

思いっきり自己満足になっちゃいますが、それらを行うことによって「安心」することができます。

でも、それは先ほども言ったように「一時的」なもの。

 

だから、何度も何度もチュッチュッしちゃうんだろうなぁ。

そう思いました。

 

そうは言っても、チュー自体が好きなんだからやりたい!という思いが強いです(*´ω`*)

心がほんわかしますしね。

 

久しくパートナーとチューしていないひと、はい、どうぞしてくださいっ。

はいっ!

 

・・・キス魔と言っても、家族以外にはしないのでご安心くださいね(´・ω・`)

 

お読みいただきありがとうございました。

それでは(´・ω・`)ノシ☆

 

Twitterやってます。お気軽にフォローくださいませ。シェアもしていただくと嬉しいです。

twitter.com

【スポンサーリンク】と【こんな記事も書いています】

【スポンサーリンク】