パパンダの年子育児ライフ

娘(1歳)と息子(2歳)の年子を持つパパです。『1年間のリモートワーク』さらに『1年間の育休』を取得したあと、思い切って会社を退職しました。現在無職!!お仕事募集中です。 妻が統合失調症と自閉症スペクトラムのため、サポートを兼ね積極的に育児参加をしています。 岡山県在住。38歳。好きな食べ物は鰆(さわら)の刺身です。 ご意見、ご感想、お仕事依頼がありましたら、papanda.life◆gmail.com までお送りください(お手数ですが◆を@マークに変更してください)

MENU

スポンサーリンク

保育園が習い事を兼ねていることがある。我が家の子供達はリトミックと英語を習っています。

保育園って万能なんだなと思うパパンダです(´・ω・`)

 

子供の習い事って、親が必死になりますよね。

『かしこい子になってほしい』『体力がある子になってほしい』とか願いを込めます。

各家庭の思いは自由です(*´ω`*)

 

僕としては、小さいうちの習い事はまだいい、と思っていました。

でも保育園に入れてみると、そこでは「リトミック」と「英語」が必修だったんです。

ひょんなところで、習い事がスタート。

 

メリットやデメリットを語っていくお話しですよ。

結論としては、ありがとうございます先生方、もう最高!です。

 

【目次】

 

習い事があるメリット

f:id:papandaikuji:20170815230831j:plain

息子ちゃんと娘ちゃんが通っている保育園では、決まった曜日に「リトミック」と「英語」の授業があります。

必修となっているため拒否はできません。

 

親として感じたメリットを、まずはあげていきます。

 

英語を自然と覚えてくれる

f:id:papandaikuji:20170815230908j:plain

保育園に通っていると、様々なことを覚えていきます。

その中に英語が混じる、といった感じでしょうか。

 

いきなり息子ちゃんが僕に向かって、英語で会話をしてくるわけじゃないですよ(;'∀')

数をかぞえるとき、英語で「ワン、ツー、スリー!!」とか言うことがあるんです。

 

いやぁ、すごいね。家庭保育で僕だけが対応していた場合、たぶん英語なんて教えませんよっ。

それを代わりに、保育園がやってくれているんですもの。

 

英単語を教えてくれる

f:id:papandaikuji:20170815231112j:plain

子供は知った事を、親に話したくなりますよね。

これはいいことですっ。インプットした情報をアウトプットしているんですからねぇ(*´ω`*)

 

雨の日、保育園へ向かっているとき、

息子ちゃん:『雨の日はねぇ、クラウディ(cloudy)って言うの~』

と教えてくれました。

 

ここでパパがダメだったところは、

パパ:「息子ちゃんよ、それは曇りの日だ!」

と即訂正をしたこと(;^ω^)

 

素直に「おお、そうか。すごいね!」と言うべきだったかな。

でも、こんな感じで話してくれることが、とても嬉しいです。

 

リズム遊びが好きになる

f:id:papandaikuji:20170815231357j:plain

リトミックでは、歌をうたいながら体を動かします。

子供は、こういうの好きですよね。

 

家庭保育の場合、Eテレの「あかあさんといっしょ」とか「いないいないばあっ!」などを見て、子供達が体を動かします。

もしかすると、ぼ~っと見ているだけで、体を動かさないかもしれません。

 

動いてもらう場合、親が誘導することも必要ですよね。

あ、僕の場合は子供より張り切って踊るので、引かれます(;^ω^)

 

でもですね、保育園でリトミックをしてもらうと、より動くことが好きになるようです。

以前から、Eテレ番組の体操もやっていましたが、今ではキレが違います。

 

習い事自体の送り迎えの必要がない

f:id:papandaikuji:20170815231609j:plain

保育園でやっているので、その送り迎えだけで済みます。

これは習い事を別にさせるより、圧倒的に楽です(*´ω`*)

 

お迎えのあと さらに習い事に送るとか、土曜日に送っていくことが必要ないんですよ。

ただ、毎日保育園に行っていれば、自動的に「リトミック」と「英語」を習ってきちゃうんです。

 

まぁ、子供達にしてみれば、習っているとは思っていないでしょうけどね。

 

習い事があるデメリット

f:id:papandaikuji:20170815231701j:plain

これは、このただ1点のみです。

別途料金が発生してしまうことです。

 

  • リトミック:毎月1,300円
  • 英語:毎月1,300円

が、保育料とは別に請求されています。

 

保育料込みであれば、それはそれはお買い得なんですが、現実そうもいきません。

そして、必修のため拒否もできないので、必ず集金されます。

 

「別にうちは、そんなの必要ないよ」という考えであれば、とても痛い出費となります。

でも、どう考えても良い影響しかないので、このデメリットはメリットで帳消しです(*´ω`*)

 

1歳2歳で英語に触れる必要があるの?

f:id:papandaikuji:20170815231742j:plain

僕が子供のころ、英語と言えば中学生から習うものでした。

でも今では、小学生の高学年から習うようになっちゃったんですねぇ。すごい時代だ。

 

現在1歳2歳である、我が家の子供達が小学生になるころは、もしかして1年生から習うかもしれません。

保育園では、それを見越して「英語」の時間を取り入れているようです。

 

おお、なんて計画的な。そして、ありがたい。

小さいころから触れていると、拒否感がないかもしれませんね(*´ω`*)

 

あ、これもメリットのうちですね。

通わせているだけなのに、将来的なことまで見据えられることができるだなんて、素敵。

 

我が家の場合は、認可外保育園のできごとです。

このように、各園によって様々な特徴があるんでしょうねぇ。

 

その特徴を読み取り、通わせることも選択肢に入れてみるのもいいかもしれませんね。

 

お読みいただきありがとうございました。

それでは(´・ω・`)ノシ☆

 

Twitterやってます。お気軽にフォローくださいませ。シェアもしていただくと嬉しいです。

twitter.com

【スポンサーリンク】と【こんな記事も書いています】

【スポンサーリンク】