パパンダの年子育児ライフ

娘(1歳)と息子(2歳)の年子を持つパパです。『1年間の育休』を取得したあと、思い切って会社を退職しました。現在無職!! 妻が統合失調症と自閉症スペクトラムのため、サポートを兼ね積極的に育児参加をしています。岡山県在住。38歳。好きな食べ物は刺身です。お問合せは、papanda.life◆gmail.com までお送りください(◆を@マークに変更してください)

MENU

スポンサーリンク

軽度のうつになっちゃいました。家事、育児、就活、ケアの4連パンチで心が潰れかけた

軽度のうつになっても、基本的に空元気なパパンダです(´・ω・`)

 

なんだか頭痛がするなぁ、息苦しいなぁ、めまいもするなぁ。あと最近すごく忘れっぽいです。これが自覚症状。

ついでに、そんなにやる気が出ない。そして、わけもなく悲しくなってきます。

 

妻からは「些細なことで怒る」「情緒不安定」「表情が変」に続き、「心療内科に行っておいでぇ」と言われ、受診してきたわけです。

結果は「軽度のうつ」とのこと。微妙~。

あ、お薬もちゃんと出たよっ。

 

いろんな思いを、つらつらと書いているお話です。

 

【目次】

 

受診するには勇気が必要

f:id:papandaikuji:20170713140534j:plain

心療内科へ行くのは、今回で2度目です。13年ほど前に、本格的な「うつ」になり通っていたんです。

その時、受診するのには勇気が必要でしたねぇ。

 

「なんか変だ」と思って、自己判断というか「もう、やばい・・・」という段階まで来てから、メンタルクリニックを探しました。

でも、心の中では「自分が うつになるわけないっ」とか思ってるんですよね。

 

今回も、そんな感じ。「自分が うつなわけない」です。

だってね、基本的に元気なんですよ。ほら、ブログだって書いているでしょ。楽しいことは、楽しいんです。

 

だから、受診した結果「うつ」と また言われたらどうしよう・・・。

という意味で勇気が必要でした。

【スポンサーリンク】

 

 

家族からの言葉は真剣に受け止めよう

f:id:papandaikuji:20170713140733j:plain

「うつ」って自分で気づくことは、そんなにないと思うんです。

だってね、「今日はネガティブなだけ」とか「ちょっと気分が落ち込んでいるだけ」と思うくらいですもん。

 

自分ではそう軽く見積もっていても、普段から交流のある周りのひと、そして家族が変化に気づいています。

「なんだか、最近表情が浮かないね。疲れているのかな」というような言葉から、入っていくことが多いですね。

 

そのうち、「ちょっと、普段疲れじゃないから、心療内科でも行ってみる? 行ってみて違うと言われれば、それで安心でしょ」てな具合に進みます。

今回の僕も、そうです。

受診してみて、「うつ」ではないのなら、それはそれで安心すると思ったんです。

 

あ、でも見事に「軽度のうつ」だったけどね(;'∀')

 

家事、育児、就活、ケアの4連パンチ

f:id:papandaikuji:20170713140756j:plain

世の中には、これを平気でこなすひともいます。メンタル強いな。鋼のメンタルか。

しんどいとは思いますけどね。

 

だけど、僕はダメでした。もともとメンタルが豆腐のようなひとなので、今回の診断に至ったわけで。

正直、僕も「鋼のメンタル」になって、バリバリとこの4つを回していきたいです。

普通のひとは就活の部分が「仕事」になりますね。

 

家事は炊事洗濯、掃除や買い物など特別なことをしているわけではありません。

そうなってくると、「一体なんのためにやっているんだろう・・・」とか考えちゃいます。

 

育児に関しては「初めてのこと」ばかりです。正解もありません。

これで上手く出来ているんだろうか・・・、自分ちょっと怒りすぎだよな。

そんなことを考えながら、落ち込みます。

 

就活に対しては、打っても響く感じが全然ないので、「あぁ、自分は世間から見放されているんだ。必要とされていないんだ」とネガティブに考えちゃいます。

そんな中で、実際面接まで進んでいった企業もあるんですけど、落ちるわけです。

目が死んでたかな。声に覇気がなかったかしら。

 

ケアは妻のケアですね。

別に、要介護じゃないので、生活の全部が全部ケアが必要なわけじゃないんですけど、気を遣います。

 

なんでしょうね、この絶妙なバランス。

【スポンサーリンク】

 

 

うつの人は楽しんじゃいけないのか

f:id:papandaikuji:20170713140817j:plain

そんなこと無いべ。楽しませてくださいな。

 

前回うつになったときは、この「楽しい」が全然感じられませんでした。

朝起きて、ご飯を食べ、仕事の時間になると行き、お家に戻ってきたらご飯、寝る。

と言った機械のような生活を淡々としていましたねぇ。

 

ご飯は、たぶん美味しいハズなんだけど、よくわからず。でも食べなきゃいけないから食べる。

その当時の仕事は、好きなことだったので楽しいハズなのに、全然楽しくないし、面白くない。

感情が湧き出てこない感じ。

 

こんな過去のことがあるので、今と比較できるんだけど、現状はこんなにひどくない。

だから、楽しめることは楽しんで、心に栄養を与えたい。

一見すると、甘えかな(;'∀') 知らんけど。

 

早いところ、回復しなきゃなと思います。

 

支えてくれるひと

f:id:papandaikuji:20170713140856j:plain

前回支えてくれたひとは、当時の彼女でした。はい、今の妻です。

今回も妻は支えてくれています。

 

育休のあとに、ほぼ勢いで会社辞めちゃって、半年間も職に就けない、こんな38歳のパンダおじさんですよ~。

お金もなくなってきたよ~。

 

それでも、献身的に支えてくれているのはありがたいなぁ。

妻からは「ゆっくり休めばいいよ」と言われました。そう言われると、焦っちゃうこともあるんだけどね(;'∀')

 

あ~、やっぱり早く回復するのが一番ですねぇ。

 

お読みいただきありがとうございました。

それでは(´・ω・`)ノシ☆

 

Twitterやってます。お気軽にフォローくださいませ。シェアもしていただくと嬉しいです。

twitter.com

【スポンサーリンク】と【こんな記事も書いています】

【スポンサーリンク】