パパンダライフ!

4歳・5歳の年子兄妹+0歳児を持つパパ。岡山県出身。41歳。1年間の『テレワーク/育休』の経験あり。現在フリーランス。 妻:統合失調症、妻&息子:自閉スペクトラム症(ASD)のため、サポートと育児に奮闘中。 ノマド的節約術ライター/編集。『岡山ブログカレッジ』運営メンバー、『倉敷とことこ』編集長。『一般社団法人はれとこ』理事。お仕事依頼等連絡はpapanda.life@gmail.comまでお送りください。

MENU

一万円選書に当選!おすすめの本はどんな本?内容などを紹介します

読書が趣味のパパンダです(´・ω・`) 

 

「一万円選書」って知っていますか?

 

北海道砂川市にある「いわた書店」の岩田社長が、当選者の「選書カルテ」をもとに、そのひとに合った書籍を一万円分選んでくれる!というサービスです。

 

結構有名なサービスで、読書好きであれば一度は当選してみたいもの。

そんな「一万円選書」に、パパンダが!!……ではなく、妻が当選しました。

 

どんな内容だったのかなどを、記念的に書いている記事です。

 

【スポンサーリンク】

 

 

 

【目次】

 

一万円選書とは?

一万円選書

さきほども少し書きましたが、いわた書店のホームページから「一万円選書とは、なんぞや?」を紹介します。

 

忙しくって本屋にいけない、最近同じような本ばかりで出会いが・・・

などなど読書難民のあなたの為に

社長の岩田がお薦めの本を約一万円分選んでお届けするというサービスです。

 引用:(有)いわた書店:一万円選書

 

実にわかりやすいサービスですね。

 

テレビ番組で紹介されているのを見たことがあり、知っていました。

そして妻も!

 

「ねぇ、一万円選書って知ってる?」

のような話題を何度かしましたね。

 

読書好きであれば、経験してみたいサービスなんですよ。

 

一万円選書の応募要件など

一万円選書のサービスを利用するには、応募して当選する必要があります。

そのためには、以下の応募要項等をしっかり守りましょう。

 

  • 申込対象は高校生以上
  • 同一人物による複数申込不可
  • 月に一度の抽選

 

とてもわかりやすい!

 

なにかわからないことがあれば、一万円選書についてのFAQを確認しましょう。

iwatasyoten.my.coocan.jp

 

一万円選書が届くまでの流れ

一万円選書

一万円選書に応募して、もし当選したのであれば、どんな流れなのか気になりますよね。

 

以下のような流れでした。

  1. 応募(2019年10月)
  2. 当選連絡(2020年6月)
  3. 選書カルテが送られる
  4. 選書カルテに記入して送り返す
  5. 岩田社長が選書
  6. 選書リストと合計金額のメールが届く
  7. 振込
  8. 発送
  9. 到着

 

応募から当選まで、実に半年以上!!( ゚Д゚)

なかには2年越しの人もいるとか……。

 

「月に一度の抽選」情報がFacebookInstagramなどでお知らせがあるので、その都度「と、当選しているかな」と、妻は思い出したそうです。

 

ただ、当選連絡があったときは、「完全に忘れていた…」とも言っていたので、本当に運ですよね。

 

ちなみに、いわた書店からのメール内容によると「4,646通の応募からの当選」だそうです。

 

一万円選書の「選書カルテ」はどんな内容?

当選したあとには、「選書カルテ」にいろいろと記入しなければなりません。

 

「もしかして当選するかも!」と意気込んでいるのであれば、選書カルテもどんな内容か気になるところです。

 

しかし!

こればかりは、当選してみての楽しみでもあるので、読書好き仲間としてはすべてを明かすわけにはいかない!!

 

ということで、一部を紹介します。

 

  • 読書履歴
  • 年齢
  • 家族構成
  • 仕事の内容

 

などなどを、選書カルテに書きます。

他にもたくさん質問があり、これらをもとに岩田社長が選書するわけですね。

 

手もとに届いた書籍と合計金額

手もとに届いた一万円選書の内容

「選書カルテ」をもとに書籍が届くので、一人ひとり違う内容となります。

でも、どんな感じの本が届くのか見てみたいですよね。

 

▼以下の内容でした。 

 

全12冊で、送料込み11,936円!

ぴったりと「一万円」になるわけではありません。

 

選書のなかで既読があった場合、その旨連絡をすれば差し替えが可能です。

 

そして内容に納得すれば振込→発送という順序。

 

早く選書してもらいたい場合は、すぐに確認して、すぐに振込をしたいですね!

 

 (´・ω・`)……。

妻の「選書カルテ」で選ばれた書籍たちですが、パッと見で僕が気になったは、▼これかなぁ。

 

装丁が素敵!

本屋さんで見かけたのであれば、完全に「ジャケ買い 」ってやつです。

  

一万円選書の感想

ひとことで言うなら「うれしい!」だそうです(´・ω・`)

 

他の人の一万円選書のことをブログで読んだところ、当選するひとは「人生の転機を迎えたひとが多い」みたい。

 

だから「あぁ、自分もそうなのかなぁ」と、うれしくなったとか。

 

また、 自分で選んで書籍を買うよりも、「1冊1冊をおもしろく感じる」とのことです。

 

選書された書籍のリストに対してしても、感想を聞いてみました!

 

なんでこの本なんだろう?と思う本もある。

書籍が到着してから同時に3冊読んでいるが、「なるほど。私だからこそ、この本が来たんだなと感じる」。

 

解釈の仕方しだいではあるが…。不思議な感じがする。

 

だ、そうです!

 

この不思議な思いは、実際に当選してみないとわかりませんね。 

 

おわりに

何かに応募して当選するは、正直なところ「運」です。

 

でも「運」って、 たまたまじゃないと思うんですよねぇ。

 

感想で妻も言ってましたが、「解釈の仕方しだいではあるが、不思議な感じがする」ってところが、真理なのだと!

 

きっと、自分が必要なときに当選する感じがします。

ちょっと、スピリチュアル……。

 

お読みいただきありがとうございました。

それでは(´・ω・`)ノシ☆

 

【スポンサーリンク】

 

PICK UP記事と広告

【スポンサーリンク】