パパンダライフ!

6・7歳年子兄妹+1歳児のパパ。1年間の育休の経験あり。フリーランス。 妻:統合失調症/ASD、長男/長女:ASD/ADHDのため、サポートと育児に奮闘中。結構つらくて、しんどい。気分変調症で通院中。倉敷とことこ/備後とことこの編集長。一般社団法人はれとこ 理事。岡山ブログカレッジ運営。 何ごとも丁寧な作業がモットー。お仕事依頼等連絡はpapanda.life@gmail.comまでお送りください。

MENU

190万円赤字の2020年全体家計簿を公開。パパは軽うつでフリーランス、ママ統合失調症と発達障害(ASD)、お子様は5歳と6歳(ASD/ADHD)と0歳児の家庭

2020年の家計簿は見直したくないパパンダです。

 

だって、約190万円の大赤字なんですもの。

大赤字の原因は仕事がググ~~ッと減ったこと、引っ越しや車の購入、赤子が生まれたことでの生活環境変化です。

 

仕事は2019年末くらいまで順風満帆だったんだけど…、いつ何が起こるかわからないものですな。

一本柱であったことも原因。

フリーランスたるもの、収入の柱はたくさん持っていたほうがいいです。

 

また「まぁ、大丈夫でしょ~」という安易な考えも禁物。

さまざまな理由で、あちゃぱ~~!!となったひとが、ここにいます。

 

赤子が生まれる、つまり子供が1人増えると生活費もその分増えますよね…。

幸せはいっぱいなんじゃけども。

 

それでは、家計簿を見ていきましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

 

 

【目次】

 

家計期間

公開する家計は、パパンダ家の2020年の全体像です。

事細かい内容は載ってないけど、嘘偽りはありませ~ん。

 

収入(もろもろ入ってきたお金)

パパは軽うつでフリーランス、ママ精神障害と発達障害、お子様は年子の家計簿

2020年に、あれこれ入ってきた金額の総額は、6,592,151円です。 

年収じゃないよ。

「あれこれ」あっての全体像だからね。

 

んじゃ、あれこれってなんなの?

 

あれこれの収入 

▼たとえば、以下のようなものがあります。 

項目 金額
妻の障害年金 585,900円
児童手当 315,000円
児童扶養手当 469,350円
社会保障収入の合計額 1,370,250円

妻は統合失調症なので精神障害者です。

そのため、ふた月に一度障害年金(3級)が支給されます。年6回ですね。

 

2016年の後半くらいまでは、障害年金は2級だったんですよ。

それが3級から2級に下げられましてね

 

2016年当時の家計簿を確認すると「100万円以上」支給されていました。

おお~。多いですねぇ。

この金額が!この金額が今もあったらなぁぁぁぁぁ。

 

「児童扶養手当」は、パッと思いつく限り「ひとり親家庭が貰えんじゃね?」ですよね。

でもですね、障害がある配偶者がいて条件があえば支給されるんですよ。

 

はい、これは僕に支給されています。

 

2020年らしい収入 

▼他の「あれこれ」は、これ。

項目 金額
持続化給付金 1,000,000円
岡山市事業継続支援金 100,000円
定額給付金 500,000円
ひとり親世帯臨時特別給付金 310,000円
給付金の合計額 1,910,000円

2020年は、新型コロナウイルス感染症関連の各種給付金がありましたよね。

 

 「ひとり親世帯臨時特別給付金 」はね、児童扶養手当を受給しているからもらえたんだよ。

計2回と追加金ね。

 

2021年も、なにかしらの給付金ないかなぁぁぁぁぁ。 

 

支出(変動費)

お金

続いては、食費などの変動費の一部を見てみます。

項目 支出
食費 897,089円
日用品費 450,933円
子供費 345,144円
交通費 57,220円
ガソリン 106,027円
医療 274,240円
保育料 866,584円
療育負担金 4,500円
小遣い:ママ 261,090円
小遣い:パパ 59,853円
雑費 集計めんど

1年間で見ると、金額がパネェですよね。 

 

保育料は実際どれくらいかかったのか  

ほ、保育料が約87万円って!!

ただし、今の時代「幼児教育・保育の無償化」があるので、負担額はグッと抑えられています。

 

幼児教育・保育の無償化で入ってきたお金は、577,662円

これをかかった金額から差引と、実質の負担額は288,922円です。

まぁ、これでもお高いもの。

 

10月からは、末っ子(当時0歳6ヶ月)を通わせ出したので、負担額は多めかな。

幼児教育・保育の無償化は3歳児から適用なので…。

 

食費の中身は? 

家計のなかで、けっこうな割合になるのが食費です。

上手にやりくりをしているひとだと、「月4万円!」とかありますよね。

 

ノンノン。そんなの無理よ。

コロナ禍なので外食はしないけど、ご飯が作れないときはお惣菜とかお弁当とか買っちゃうわけ。

するとどうでしょう。

あっという間に、食費がかさむってわけです。

 

897,089円(月平均:約75,000円)も使ってるけど、このなかには「お米」は入ってないから!

実家が農家だから、もらってるからぁぁぁ。

 

雑費の中身ってなんなのよ

集計が面倒な雑費。

というか、面倒だから雑費に計上してゴニョゴニョしている。 

 

▼振り返ると以下のような、大きな出費があったなぁ。

項目 金額
引越し(もろもろ) 250,000円
エアコン3台 149,800円
車の頭金 570,000円
車修理代 260,000円

仕事が激減するとは知らず、引っ越しするし~、車を買うし~。

冒険が過ぎるね!

 

ついでに、車をさっそくぶつけちゃって修理代も余計にかかったと…。

事故車

はぁ、困ったちゃんだねぇ。
 

支出(固定費)

今度は、家賃など月々固定しているものだよ。

項目 支出
家賃 896,400円
車保険 44,780円
車ローン 114,400円
保険/共済 112,510円
カード 集計めんどい
電気 99,870円
ガス 94,826円
水道 55,356円
PC通信費 56,708円
携帯電話(2台分) 110,777円

 あぁ、もう振り返りたくね。

 

家賃は引っ越しでアップ!ついでに引っ越し月は、旧契約分と新契約分の二重支払い地獄ですよね。

 

車を買ったので、ローンも始まりました。

この2点の変化は、変動費と同じですね。 

 

カード請求がくせもの

カード請求

実はカード請求のなかに、家賃支払いや引っ越し代の支払いなどなどが入っています。

家計簿記事をつけるときに、わかりやすくするため、あえて引っ張り出してから別記載にしてたんです。

すっごくめんどう…。

 

そして、差し引きした請求額をいつもの欄に載せていたわけ。

となると1年分の集計はめんどい。

 

実際の利用額だけ、見てみましょう。

使用しているクレジットカードは3枚あります。

 

3,013,333円

 

わ~お!!

よくもまぁ、これだけ使ったもんですよ。

たとえば1%のポイントが入ると計算すると、30,000円分もらえたわけか。

 

……全然そんな気がしないけども。

 

収入と支出の合計

それでは、最終的な計算をしてみたいと思います。

  収入 支出
合計 6,592,151円 8,467,606円

 

1,875,455円赤字です。 

 

わ~お!わ~お!

 

もう何も言うまい……。

  

お読みいただきありがとうございました。

それでは(´・ω・`)ノシ☆

 

【スポンサーリンク】

 

 

PICK UP記事と広告

【スポンサーリンク】