パパンダライフ!

4歳・5歳の年子兄妹+0歳児を持つパパ。岡山県出身。41歳。1年間の『テレワーク/育休』の経験あり。現在フリーランス。 妻:統合失調症、妻&息子:自閉スペクトラム症(ASD)のため、サポートと育児に奮闘中。 ノマド的節約術ライター/編集。『岡山ブログカレッジ』運営メンバー、『倉敷とことこ』編集長。『一般社団法人はれとこ』理事。お仕事依頼等連絡はpapanda.life@gmail.comまでお送りください。

MENU

NHK受信料の全額免除が対象外になるとどうなる?どうする?

どうも、パパンダです(´・ω・`) 

 

我が家の家計が火の車だった、2016年~2018年。

少しでも支出を減らしたいと思い、いろいろ調べていると、NHK受信料の全額免除に該当していることがわかりました。

 

そりゃ全額免除の申請をしますわよね。

 

ありがたいことに、家計が緩やかに戻ってきたこの頃。

NHK受信料の全額免除の基準に該当しなくなりました。

 

……というか、その事実を忘れていた(;´∀`)

 

するとNHKから「受信料支払ってね」という通知が届いたので、参考までに紹介してみます~。

 

【スポンサーリンク】

 

 

 

【目次】

 

NHK受信料の全額免除対象外になった場合どうなる?

テレビ

NHK受信料には、特定の条件に当てはまると、全額免除や半額免除を受けられます。

その反対で、条件に当てはまらなくなると、NHK受信料の支払いが再開。

 

どの時点で、NHK受信料を支払わなければならないのでしょうか。

 

▼それは、以下の2つ。

  • 条件に当てはまらなくなった時点で、自己申告をする
  • NHKが自治体に免除事由の確認を行う

 

自己申告は、なんとなくわかりますよね。

怖いのは、2つ目かな。

 

NHKが自治体に、確認するんですわ。

「あ、もうこいつは支払いができるな。よしよし」

 

僕の場合、2つ目の「自治体に確認しました」という通知が届きましたよ。

 

「NHK放送受信料についてのご案内」が届く

NHKが自治体に確認したところ、全額免除事由対象外の世帯を見つけた!

 

▼その後、その世帯に「NHK放送受信料についてのご案内」が届きます。

NHK放送受信料についてのご案内

 

「うしし、このまま全額免除のままにしておくぜ!」などの、悪だくみはできません(´・ω・`)

 

▼全額免除を受けていた2年目は、「免除事由確認調査」が届いたんだけどなぁ。

www.papanda-life.com

 

細かいことを気にしていても仕方がないので、あとは振込用紙が手元に届くのを待つのみです。

 

振込用紙が届く

振込用紙が届く

「NHK放送受信料についてのご案内」に記載されていた日付のとおり、2月20日ごろに、振込用紙が入った封筒が届きました。

 

すっかり忘れていたので、「HNKから、なんの用だ!」と思ってしまいます…。

 

あとは、忘れずに支払いをしましょう~。

 

子供たちが、毎日毎日Eテレにお世話になっていますからなぁ。

はいはい、NHK様様、NHK様様~。

 

お読みいただきありがとうございました。

それでは(´・ω・`)ノシ☆

 

【スポンサーリンク】

 

PICK UP記事と広告

【スポンサーリンク】