パパンダの年子育児ライフ

娘(2歳)と息子(3歳)の年子を持つパパです。『1年間のリモートワーク』と『1年間の育休』を取得したあと、会社を退職しました。現在フリーランス。お仕事募集中です。妻が統合失調症と自閉症スペクトラムのため、サポートを兼ね積極的に育児参加をしています。岡山県在住。38歳。ご意見、ご感想、お仕事依頼がありましたら、papanda.life◆gmail.com までお送りください(お手数ですが◆を@マークに変更してください)

MENU

スポンサーリンク

うつの診療は心療内科併設の内科へGO。メンタルクリニックを選ばなかった理由3つ、併設へ選んだ理由1つ

待つことが嫌いなパパンダです(´・ω・`)

 

うつかなぁ、何だか変だなぁ、と思って診療を受けようとしたとき、真っ先に思いつくのは『メンタルクリニック』ですよね。

なにせ、メンタルなクリニックですよ。もう、ここで診てもらったらバッチリじゃん。

 

でもね、メンタルクリニックって とても混んでいるんですよ(;'∀')

10数年前に通院していたところも、妻が数年前に通院していたところも、混み混みでした。

 

だから今回は、心療内科が併設されている普通の内科を選びました。

それらの理由を、さらさらとお茶漬けのように書いているお話しですよ。

 

【目次】

 

メンタルクリニックを選ばなかった理由

f:id:papandaikuji:20170810235826j:plain

それでは3つの理由をリストアップしていきますぞ~。

 

混んでいるから

冒頭にも書いたのですが、1番の理由は『混んでいるから』です。

これに尽きます。

 

そうは言っても、診療を受けるのならメンタルクリニックで!という考えが頭の中にありました(;^ω^)

まずは、妻の主治医からおススメされたクリニックに予約電話をしてみたんですっ。

 

「えぇっと・・・、再来月まで予約がいっぱいで、初診のひとは診られません」

 

とか衝撃的な回答が!!

ほらね、混んでいる証拠じゃないですか。

それにしても、このクリニックさんは、初診のひとをいつ診るんでしょうね(;'∀')

 

初診のカウンセリングが面倒だった

f:id:papandaikuji:20170810235920j:plain

10数年前に うつで通院したクリニックでは、初診時にカウンセリングを受けました。

そのときは、あれこれと根掘り葉掘り聞かれ時間がかかったものです。

 

しかも、病んでいたので「なんでこんなひとに、込み入った事情を事細かく伝えなくてはいけないんだ(´;ω;`)ウゥゥ」と思いました。

 

うつに至ったであろう経緯は、どこへ行っても話さなくてはいけないんですが、クリニックは何だか印象が悪かったんですよねぇ。

待ち時間が長かったから、きっと疲れたんだろうな(*´ω`*)

 

あ、ここでも「待ち時間」の問題がっ。

 

薬をどんどん出そうとする

f:id:papandaikuji:20170810235955j:plain

「前より、少し調子が悪くなりました」と報告しようものなら、薬を追加されました。

それで良くなるらいいんですが、副作用で気持ち悪くなったりもします。

 

出されたものは、しばらく飲んでみないと作用がわからないので、急にやめることもできません。

主治医の意のままです~。

 

僕が10数年前に通院していたクリニックは、「もう、調子よくなりましたっ。薬はいらないです!」と強く言うまで、処方が続けられました。

完治したのかと思ったのか、それとも『もういいや』と投げ出したのか不明ですが、処方が打ち切りに。

 

なんだぁ、この扱いはぁぁ。

こんな暗い思い出もあり、あまりいいイメージがありません(;´・ω・)

 

心療内科併設の内科を選んだ理由

f:id:papandaikuji:20170811000031j:plain

簡単に言うと「メンタルクリニックを選ばなかった理由」に該当することが、なさそうだったからです。

完全に主観的ですけど。

 

あとは自宅から自転車で通院できる距離だったから、くらい。

何かあれば、すぐに行けるところが魅力です。

それに、めっちゃ空いている(*´ω`*)

 

心療内科で受診しているひと、いないんじゃね?と思うくらいです。

あぁ、いいところ見つけたなぁ。

通院するのに、気持ちが楽チンです。

 

通院までの距離、患者が少ない、薬も適度に処方してくれるという数々の安心感は、捨てがたいです。

この安心感って、すごく大切ですよね。

 

自分に合ったところを探そう

f:id:papandaikuji:20170811000127j:plain

探すとしても、実際行ってみないとわかりませんよね。

それは仕方がないことです。

 

最初に判断材料として使えるのは、ホームページの情報ですね。

院長は顔出ししているか、診察室や待合室の雰囲気はどうか。

そして、実際電話で問い合わせをしてみて、その対応はどうなのかっ。

 

調子が悪くて診療を受けようとしているときに、これらの判断はしんどいですが、家族にやってもらう手もあります。

どっちも出来ないのであれば、当たって砕けるしかありません(;'∀')。砕けたくないけど。

 

その時は、まだ別のクリニックや病院を探そう!

 

お読みいただきありがとうございました。

それでは(´・ω・`)ノシ☆

 

Twitterやってます。お気軽にフォローくださいませ。シェアもしていただくと嬉しいです。

twitter.com

【スポンサーリンク】と【こんな記事も書いています】

【スポンサーリンク】