パパンダの年子育児ライフ

2歳・3歳の年子兄妹を持つパパ。『1年間のリモートワーク』と『1年間の育休』の経験あり。現在フリーランス。妻が統合失調症と自閉症スペクトラムのため、サポートを兼ね積極的に育児中! ブログ最高20万PV。ノマド的節約術・OMIYA!ライター。岡山ブログカレッジ運営メンバー。お仕事依頼等連絡はpapanda.life@gmail.comまでお送りください。

MENU

孤独な作業環境を打ち破ろう。OMIYA!写真講習会に参加してきました。

OMIYA!の写真撮影は『感覚』でやっているパパンダです(´・ω・`)

 

2018年1月29日(月)に倉敷美観地区内のカフェで『OMIYA!写真講習会』が開催されました。

開催!といってもコテコテのイベントではなく、近辺のOMIYA!ライターが集まり終始ワイワイと話し合う『お茶会』に近いイメージかな(*´ω`*)

 

ライター業は孤独な作業で、黙々と画面に向かって文章を叩き込みます。えいや!えいや!(`・ω・´)

加えてOMIYA!では写真撮影もあり、これもものすごく孤独です(;'∀')

 

自分だけでやっていると『何が正解で、どこがダメで、どうしていいのか』わからないことが出てきますよねぇ。

でも実際に同じ仲間(OMIYA!ライター)同士で集まって、話しをしてみると打開策も見つかるのことも?

 

これが『ひとに会い話しをする』という醍醐味ですね。

どんな感じだったのかお伝えします~。

 

【スポンサーリンク】

 

 

【目次】

 

会場は倉敷美観地区内のkobacoffee

f:id:papandaikuji:20180130000703j:plain

こんな素敵なお店があったのか!!(;゚Д゚)

月に1回は岡ブロで倉敷美観地区周辺に行ってますが、まだまだ知らない事がたくさんあります。

 

カフェの2階部分が多目的スペースとなっていて、無料で借りることができます。素晴らしい~。

場所は、あまむらさんにおさえてもいましたっ(`・ω・´)ゞありがとうございます~。

 

 【kobacoffee 倉敷川店の情報】

www.koba-coffee.com

 

住所:岡山県倉敷市本町5-27

電話番号:086-425-0050

営業時間:10時~18時

定休日:毎週火曜日(祝日は営業)

 

岡山周辺のOMIYA!ライターは岡ブロ仲間が多い

f:id:papandaikuji:20180130003128j:plain

今回岡山周辺から参加したOMIYA!ライターは、僕を含め4名です。

 

「アサノさん」と「あまむらさん」は、岡ブロ仲間でもあるんですよねぇ(*´ω`*)。定期的に参加してくださってます。

とくにアサノさんなんて、皆勤賞ですよ。すげぇ。ありがてぇ。

 

『私なんて、まだ2回しか参加してないし』と、あまむらさんは言ってましたが2回でも充分ですよ~(`・ω・´)ありがてぇ。

 

僕は勝手に、このメンバーを『OMIYA!岡ブロ会』とか思っています。 

 

あとは運営側の方2名、計6名でやりましたよ。

 

豪華じゃ(*´ω`*)

 

持ち寄ったお土産で撮影大会 

f:id:papandaikuji:20180130003858j:plain

最初にワークショップ形式で撮影のコツなどを話し合い、その後実際にお土産を撮影しました。

嶋田さん作の資料は的確でわかりやすかったです(*‘ω‘ *)

 

  • 撮影のときどんな環境ですか?
  • レフ板使っていますか?
  • こんなお役立ちアイテムあるよ!!

 と話題は尽きません。

 

話しを聞いてみて、初めて気づくこともあります。

僕はいたって普通~~、めちゃふつう~~~に撮影していたのですが、嶋田さんから「ズームで撮影する」という言葉を聞いて、(;゚Д゚)!!ハッとしました。

 

そ、そんな方法があったのかぁぁぁ(たぶん他のひとは知っている)。

 

ひとりで黙々と作業、撮影をしていると何が正解なのかとか、効果的な方法に気づきにくいんですよね。

 

松本さんが言っていたのは「お土産によって観葉植物を置かなくてもいい」ということ。

・・・(;'∀')、すみません。あったほうがいいと思って、ずっと使っていました。

f:id:papandaikuji:20180130004723j:plain

煎餅の奥にバラ、置いちゃいました・・・。

 

ここで得た情報、経験は次からの撮影に活かされ、きっとレベルアップしたパパンダをお見せできることでしょ~。

と自分で自分にプレッシャーをかけておきます。

 

ひとに会うことの大切さ

岡ブロを始めてから感じ始めたんですが、ひとに会うって大切ですよね。

今回もそうです。

 

相手の雰囲気や場の楽しさを感じるには、ネットだけではできません。

ネットでは知識を得ることはできても、しょせんは孤独な空間です。

もちろんいいところもあるんですけどね(*´ω`*)

 

その両方を上手に活用して、自分にはない気づきを発見していくことが一番重要なのではないでしょうかっ。

ヒシヒシと感じました。

 

 

お読みいただきありがとうございます。

それでは(´・ω・`)ノシ☆

 

Twitterのフォローにて更新情報をお伝えします。シェアもしていただくと嬉しいです。

twitter.com

PICK UP記事と広告

【スポンサーリンク】