パパンダの年子育児ライフ

娘(2歳)と息子(3歳)の年子を持つパパです。『1年間のリモートワーク』と『1年間の育休』を取得したあと退職しました。現在フリーランス。妻が統合失調症と自閉症スペクトラムのため、サポートを兼ね積極的に育児参加をしています。岡山県在住。38歳。ご意見、ご感想、お仕事依頼がありましたら、papanda.life◆gmail.com までお送りください(お手数ですが◆を@マークに変更してください)。OMIYA!ライター。

MENU

スポンサーリンク

常備菜作りを始めてわかったこと

あれだけ張り切っていたのに、トイレットペーパーの三角折をやらなくなってしまったパパンダです(´・ω・`)

f:id:papandaikuji:20160516224810j:plain

結局面倒になってしまった・・・。

この案件は習慣化しませんでしたねぇ。

 

常備菜作りでわかったこと

f:id:papandaikuji:20160612214553p:plain

今のところ、4回しか作ってなく、まだまだ日が浅いですが、常備菜を作り始めてわかったことがあります。

 

  1. 食材の無駄がない
  2. 1週間の食費が総合的に減る
  3. 常備菜を作るときは光熱費かかりそうだけど、それ以外の日に使う頻度が少なくなった。
  4. 食事の準備が楽
  5. 野菜を毎日食べることができる(同じメニューだけど(´・ω・`)

今、ぱ~っと思いついたのは、このくらいですかねぇ。

 

常備菜作りをしている人たちのブログや本を読んでいたのですが、その時は上記のことをあまりイメージできませんでした。

「何かしらよくなる」程度ですね。やっぱりやってみないことには、わかりませんねぇ。

 

具体的にみていこう

1.食材の無駄がない

買ってきた材料を、ほぼ使い切って料理をしてしまうため、次回に常備菜を作る予定日の前の日(ややこしい・・・)までには食べきっちゃいます。よって、無駄がないです。

 

2.1週間の食費が総合的に減る

常備菜を作る日にまとめ買いのようなことをするのですが、その時は出費が大きくなります。

「こんなに使って大丈夫かしら(´・ω・`)」と思っていましたが、総合的にみると減ってることがわかりました。

f:id:papandaikuji:20160612213127p:plain

黄色い日付のところが、常備菜の材料などなどを買った日。

始める前の週より、だんだんと下がってきてます。なんとあれだけ毎日出費していたのに、0円の日もありますねぇ。

 

現状、理想の1日あたりの食費も、徐々に近づいてきました。

パパンダ家は、20日を基準に1ヶ月とし、家計簿を締めています。

あと1週間でこの期が終わりです。なんとか、納まりそうな気がしてきました。

ファイト!!(´▽`*)

 

3.光熱費がかからなそう

・・・・なんとなくの感覚です(´・ω・`)こればかりは、まだ実証できていません。

というか、実証できるのかしら。

 

4.食事の準備が楽

パパンダと妻、毎日同じものを食べても飽きません。たぶん。

なので、基本的に毎食毎日同じメニューが並びます。食べきったときは、冷凍食品の出来合いものが出ますよ。

この時も楽ですし、ちょっと「贅沢」している気分です。

ずっと常備菜だったので、違うものも食べられて、嬉しかったりします。

飽きてるじゃん(´・ω・`)

 

5.野菜を毎日食べられる

お野菜中心のメニューを選んでいます。そのためですね。

もちろん、お肉もありますよ~。お肉は、朝出さずに、夜に朝の分も追加して出したり、調整をしています。

 

 

こんな感じですねぇ。

しかし、確かに食費は減ってきたのですが、相変わらず他の項目が減りません・・・。

予算を軽く4.5万円オーバーしています・・・|д゚)チラッ

 

まずは食費から改革中ですが、次はどこを攻めようかしら。

徹底的にやっつけますよ~。

 

お読みいただきありがとうございました。

それでは(´・ω・`)ノシ☆

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

↑ブログランキングに参加しています。

 

【その後のお話】

 

www.papanda-life.com

 

【スポンサーリンク】と【こんな記事も書いています】

【スポンサーリンク】