読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパンダの年子育児ライフ

娘(1歳)と息子(2歳)の年子を持つパパです。『1年間の育休』を取得したあと、思い切って会社を退職しました。現在無職!! 妻が統合失調症のため、サポートを兼ね積極的に育児参加をしています。岡山県在住。37歳。好きな食べ物は刺身です。お問合せは、papanda.life◆gmail.com までお送りください(◆を@マークに変更してください)

MENU

スポンサーリンク

1歳になった娘ちゃんを、1歳だった時の息子ちゃんと比べてみる

どうしても、息子ちゃんが「子供の成長基準」になってしまうパパンダ家です(´・ω・`)

 

【目次】

 

比べることに意味はない

f:id:papandaikuji:20161205025117j:plain

公園や買い物に出かけたり、支援センターに行ったりすると、特に自分の子と同じくらいの子に目が行きませんか。僕は自然と目がついていきます。お子様って、かわいい(*´ω`*)

街ゆく人たちの子は、何歳なのかパッと見ただけではわかりませんが、コミュニケーションを取れる場だと、「何歳ですか? えっ!? 1歳なのに、もうそんな事ができるんですねっ」みたいになります。

 

こうなると、「うちの子は、まだ〇〇ができない」とか比べちゃうかもしれません。というか、少しは気になりますよねぇ。でも、気にしても仕方がないんですよね。

 

子供達は、日々成長しています。できないことも、そのうちできるようになります。だから「比べることに意味はない」んです。

 

と言いつつ、なぜか息子ちゃんと娘ちゃんをよく比べてしまいます。普段、よそ様の子とは比べないんですけどね。

比べてみてわかったことは、『娘ちゃんは、マイペースに成長している。1歳のときの息子ちゃんと比べると できない事も多いけど、成長度合いも その子なりの個性なんだな』という点です。

 

まだ喋らない、歩かない

1歳になった娘ちゃんを見て、「まだ喋らないなぁ。歩かないなぁ」と思ったんです。よく妻とも この話をしました。

なぜこのように思うかは、息子ちゃんが1歳の時点で できていたからです。どうしても、息子ちゃん基準になってしまいます。

 

先日、1歳健診に行ったときなんですが、同じことを担当医に質問してみました。そうしたら『1歳で、喋ったり 歩いたりする子は、ごくごく稀です。これが普通くらいですよ』とのことでした。

 

あ、な~~んだ普通なんだ。というか息子ちゃんが 早すぎ(´・ω・`)。安心というか、焦らなくていいんだなぁ と気持ちが楽になりました。親としては、「早く歩いて、かわいい姿を見せてほしい!」「何か意味のある言葉を喋って!」と思っちゃいます。

 

【スポンサーリンク】

 

 

持っている本で比べてみる 

 何かあると、よく見る本がこれです。最初のほうに「1歳の子は、こんなことができますよ~」という年表のようなものがあります。それを見て、表を作ってみました。

f:id:papandaikuji:20161205022223p:plain

あ、な~~んだ。だいたい息子ちゃんと同じじゃん!!ということが、わかりました。息子ちゃんのことは、1歳のときのことを思い出しながら作ったんですけど、ほぼ記憶が薄れています・・・。

 

「1歳前に歩いた!」とか、「なんか喋ってるよ!」という印象深いものしか鮮明に覚えてなくて、表の項目はおぼろげです。きっと出来ていたと思う(;^ω^)

 

たった1年前のことなのに覚えてないのだから、これからも「成長したこと」を忘れていくんだろうなぁ。そんな悲しいことを思ってしまいました。

写真を現像したときに日付を入れておく、手帳に出来事をメモする、など何か忘れない工夫をしなきゃいけませんねぇ。

 

母子手帳の記録で比べてみる

1歳の状況を母子手帳に現状を記載するページがあります。1歳健診前に、慌てて書くのが我が家のパターンです(´・ω・`)

これをみると、2人の違いがよくわかるかもしれません。

f:id:papandaikuji:20161205022754p:plain

おおっと、息子ちゃんはリズム感がなかったようです。たぶん、音楽が鳴るおもちゃを与えてなかったからかなぁ。あぁ、懐かしい。1歳のころの息子ちゃん、かわいかったなぁ。今もかわいいけどね(*´ω`*)

 

こうして2つのデータを見ると、そんなに変わらないですね。やっぱり、焦っても仕方がありませんね。

 

子供が笑顔で すくすく育てば それでいい

f:id:papandaikuji:20161205025309j:plain

育休を取っていた分、世の中の一般的なパパさんと比べると、子供達とたくさん触れ合ってきました。新生児のころから、1歳になるまで、ず~~っとです。それを思い出すだけでも、ほっこりします。

 

だいたい、寝ているか、食べているか(ミルク)、泣いているかという三拍子ですが、成長するにつれ笑顔を向けてくれたりします。「う゛~~」とうなり声を出し、怒られることもあります(;^ω^)

 

成長スピードがどうであれ、笑顔を見せてくれるのが一番うれしいです。

ただ単に笑顔は出てこないので、笑顔を見せてくれるような家庭環境を作ったり、一緒に遊んだり、出かけたり、できることは何だってしたいです。

 

時にはイラッとしちゃうこともあるけど、それは自分が成長できていないだけ。

親になってまだ2年です。これから、もっともっと僕も成長していかなければなりません。一緒に、笑顔で成長できればいいなぁ(*'ω'*)

 

 

お読みいただきありがとうございました。

それでは(´・ω・`)ノシ☆

 

Twitterやってます。お気軽にフォローくださいませ。

twitter.com

 

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

↑ブログランキングに参加しています。

【スポンサーリンク】と【こんな記事も書いています】

【スポンサーリンク】