読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパンダの年子育児ライフ

娘(1歳)と息子(2歳)の年子を持つパパです。『1年間の育休』を取得したあと、思い切って会社を退職しました。現在無職!! 妻が統合失調症のため、サポートを兼ね積極的に育児参加をしています。

MENU

スポンサーリンク

育児休業給付金の上手な申請方法。元申請担当者がお伝えします。

育休

ノンアルコールビールで酔った気分になれるパパンダです(´・ω・`)

 

【目次】

 

忘れず欠かさず申請しましょう

育児休業を満喫している全国のママさん、パパさん!

しっかりと、育児休業給付金の申請をしていますかっ?

たぶん忘れる人はいないと思うけど、忘れちゃうと一大事です。

 

育児休業給付金は、育休中の生活資金の基盤です。

貯金がたくさ~んある家庭なら、「そんなの少々遅れても、ギリギリになっても、なんだったら無くても、大丈夫」かもしれないけど。こんな人いるのかな・・・。

 

大切だからこそ、申請を忘れるわけには いきませんよね。

それでは、元申請担当者だった僕なりのコツをお届けします。

 

次回支給申請期間を把握しておこう

f:id:papandaikuji:20160819000108p:plain

これ、僕の「育児休業給付金支給決定通知書」です。

性別が「男」になってますよね。ちゃんと男性でも育休取れますよ。育休金だって、もう180日分もらってます!

世の中のパパさん、育休を取りましょう。そして取得率を上げよう~(*´ω`*)

 

 

それはさておき、赤枠の中が次回支給申請期間です。この間に忘れず申請すれば(最終的には会社がね)、問題ないわけです。

どうせなら、出来るだけ早くもらいたいですよね。

 

上記の例でいくと、平成28年7月27日には会社に申請してもらいたい。そうして欲しいのあれば、その日までに会社へ申請書を持参するか、郵送すればいいですよね。

 

しかしです。

会社もそうそう簡単に申請できない理由があるかもしれません。

僕の会社の場合は、そうでした。

 

会社が申請するときは添付資料が必要

育児休業給付金の申請書だけを、「はい、どうぞ!」ってハローワークへ申請するのであれば、楽々カンタ~~ンなんですが、そうもいきません。

 

お給料のことが記載している「賃金台帳」というもと、勤務実態のことが記載されている「タイムカード(出勤簿)」が必要です。これをそろえること自体はすぐ出来るけど、ひと手間かかります(´・ω・`)

 

f:id:papandaikuji:20160819001743p:plain

今度は、こちらの赤枠「次回支給単位期間12」をご覧ください。

ここがポイント。

 

会社の担当者は、育休を取っている人が、この期間どれだけ働いているか証明しないといけません。だいたいの人は働いてないので、「0日で0円ですよ」と簡単に出せます。もちろん、そうじゃない人もいます。

 

期間の最後が「平成28年7月26日」になってますよね。

つまり「7月分給与(7月に働いた給与)」の計算が出来るまで、必要書類が出せないんです。

 

会社によって まちまちですが、給与日は「翌月5日」だったり、「翌月10日」だったりします。

そして、この日を超えないと必要書類が出せない場合があります。

 

僕の会社は、給与日が劇的に遅くて「月末締め 翌月20日」です。しかも、給与計算ソフトの都合上で「賃金台帳」が給与計算を終えないと出せません。

 

よって、平成28年8月20日を超えないと会社が申請できないのです。

少し複雑なお話でした。 

 

【スポンサーリンク】

 

 

自分なりの基準日を把握しておこう

f:id:papandaikuji:20160819005927j:plain

僕は、次回分の申請書が手元に届いたときに、自分なりの基準日を把握します。と言っても、前回申請日の2ヶ月後が、次回申請日になるので簡単です。

 

Googleカレンダーや手帳などに記載して、忘れないようにしています。初回申請時にしっかり把握しておけば、いいですねぇ(*‘ω‘ *)

 

もちろん、この「自分なりの基準日」は いつでもいいんですよ。申請書が手元に届いてから、すぐに会社へ送り返してもいいですし。その方が忘れないってこともありますよね。

 

僕みたいに、ちまちましていると申請書自体を紛失しちゃうかも。そうです、しっかりとした書類の管理も必要なんです。

 

あと、申請書存在や申請を忘れないことですね(´・ω・`)。

これが一番大事。

 

会社へ送付した場合は担当者に連絡を入れよう

大企業で「そんなっ、担当者なんて知らないわっ!」って人もいるかもです。

だったら、上司に言っておけばいいのです。さすがに上司とは連絡が取れるでしょう(´・ω・`)。育休中でも、密な連絡は取ってたほうがいいですよ~。

その上司が、担当者に何も言わなければ意味ないですけどね・・・。

 

僕の場合は超レアケースなのですが、現在申請業務をしている元部署の人に連絡が取れる状態なので「今日送りましたよ!!」と伝えられます。しつこいくらいに、伝えるのがいいですねっ。

 

優秀な担当者さんであれば、申請書が届いてからすぐに処理をしてくれます。

例えば8月20日に会社へ郵送、担当者がすぐにハローワークへ申請したとすると、8月末日くらいまでには、口座へ入金があります。

入金がなければ申請が遅れているということなので、担当者へさらに鬼電(のように話する)をすればOKです。

 

育児休業給付金は生活費の基盤です。遅れると嫌ですよね。

であれば、鬼電だってOK!!しつこいくらいがおススメです。

 

まとめ

f:id:papandaikuji:20160819005039j:plain

  • 申請書をなくさない
  • 申請可能日を把握しておく
  • 会社の申請担当者をつつく(電話をするなど)

と言った感じでしょうか。

あとは、自分の管理能力担当者の資質がかかってきます。申請が遅れたとか、何も反応がないとかであれば、その会社はおかしいので上司に連絡を取るとか対応をしましょう。

もしくは、ハローワークに電話して会社を つついてもらうのもいいかもしれないですね。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

それでは(´・ω・`)ノシ☆

 

Twitterやってます。お気軽にフォローくださいませ。

twitter.com

 

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

↑ブログランキングに参加しています。

【スポンサーリンク】と【こんな記事も書いています】

【スポンサーリンク】