パパンダライフ!

6・7歳年子兄妹+2歳児のパパ。1年間の育休の経験あり。フリーランス。 妻:統合失調症/ASD、長男/長女:ASD/ADHDのため、次男もたぶん発達障害にてサポートと育児に奮闘中。結構つらくて、しんどい。気分変調症で通院中。倉敷とことこ/備後とことこの編集長。一般社団法人はれとこ 理事。岡山ブログカレッジ運営。 何ごとも丁寧な作業がモットー。お仕事依頼等連絡はpapanda.life@gmail.comまでお送りください。

MENU

「児童発達支援」「放課後等デイサービス」事業所選び。こんなところを選ぶと楽ちん3選

「児童発達支援」「放課後等デイサービス」は実際に利用してみないと、さっぱりわからないと思うパパンダです(´・ω・`)

 

初めて「児童発達支援」「放課後等デイサービス」の事業所を選ぶときは、どんなことを基準にすればいいのかよくわかりませんよね。

でも、ひとつひとつの事業所を利用するのも現実的には難しいもの…。

 

そんなときは、実際に利用してきたひとたちの意見を、ちらっと参考にしてください。

各家庭の都合などはありますが…。

 

【目次】

 

【スポンサーリンク】

 

 

預かってもらう時間(利用時間)が長め

時間

パパンダ家が利用した「児童発達支援」「放課後等デイサービス」事業所は、全部で4か所。

利用時間は様々です。

 

最短だと1時間で、最長は6時間

「この子は集中力があまり続かないから、1時間のほうがいいわぁ」って場合は、1時間がいいかもしれませんね。

逆に「預けている時間帯で、いろいろなことをしたい!」と思うときは、6時間がいい!

 

ちなみに1時間利用の事業所は、現場に親が待機していました。

逆に3時間や6時間利用の事業所は、開始から終了までのあいだは預けっぱなしです。

そのぶん、時間が有効に使えますね。

 

預けっぱなしの場合、我が子が事業所でどんなことをしているのかどうか…、という部分がわかりづらいのがデメリットです。

 

送迎がある

送迎車

送迎って重要ですよね(`・ω・´)

パパンダ家が利用していた事業所のなかには、”親が送迎する”タイプもありました。

できれば、事業所自体に送迎をお願いしたいところ。

 

「放課後等デイサービス」の場合、小学校までお迎えがあり、終わったあとは自宅まで送ってもらえます。

これ!これがいい~。

 

「いやぁ、そうは言っても、他人が運転する車に我が子を乗せたくないわ~」ってひとには向いていません。

その事業所にもよるかと思いますが、自分で送迎しても問題がないのであれば、そうすれはよいと思います。

 

でもせっかく送迎サービスがあるのであれば、利用しない手はないですよね。

 

送迎がある場合は、車内に「ジュニアシート」などがキチンと準備されているかどうか、などのチェックも十分に行いましょう。

 

親が見学(監視)できる

マジックミラー

利用時間が長く送迎があると、親が関わる部分が少なくなります。

「でも、それじゃ心配なの!」って場合には、親が見学できるタイプの事業所がよいでしょう。

 

……でも、6時間も見ることはできませんよね。

このタイプの場合は、利用時間が短い事業所の場合、実施している可能性があります。

 

事業所見学の際、「このマジックミラー越しに見学できます」とか「こちらの部屋からモニタを通して見学できます」と案内があると思います。

 

見学すると、なにがいいのか!?

そう「見学」ではなく、「監視」ができることですよね。

 

事業所内で、いったいどんなことが行われているのだろう…。

そもそもちゃんと先生たちは、療育をしてくれているのだろうか…。

 

などが、と~~っても気になるひとは見学できるタイプがいいですね。

 

僕の経験からいうと、最初はいいとしても、だんだんと飽きてきます( ´∀` )

「きょ、今日も我が子が無茶苦茶するところを黙って見るのか…」と思ってしまうもの。

気持ちが元気なときはいいけど、疲れているときなどは「もういやだ…」と思います。

 

また、見学できるタイプの事業所は利用時間が短いといいました。

となると、「送迎」のサービスがない可能性も。

送り迎えを親自身で行い、かつ「時には嫌になる見学」をしなければなりません。

 

ひえぇ!( ゚Д゚)

これでも問題がないのであれば、選択してもよいでしょ~。

 

おわりに

「楽ちん3選」といいましたが、それぞれに「メリット/デメリット」があります。

自分の家庭には、どんな項目が向ているのか判断しましょう。

また、「ここは向いてない!」と思った場合、潔く事業所の変更をすることも手です。

 

▼こんな事業所はやめておこう3選も参考にしてみてください~。

 

www.papanda-life.com

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

それでは(´・ω・`)ノシ☆

 

【スポンサーリンク】

 

PICK UP記事と広告

【スポンサーリンク】