パパンダの年子育児ライフ

4歳・5歳の年子兄妹を持つパパ。『1年間のリモートワーク』と『1年間の育休』の経験あり。現在フリーランス。妻が統合失調症と自閉スペクトラム症(ASD)のため、サポートを兼ね積極的に育児中! ノマド的節約術ライター/編集。『岡山ブログカレッジ』運営メンバー、『倉敷とことこ』編集長。お仕事依頼等連絡はpapanda.life@gmail.comまでお送りください。

MENU

平成30年(2018年)にフリーランスとしてしっかり働いたら、令和元年(2019年)の児童扶養手当はどうなった?

児童扶養手当をもらっているパパンダです(´・ω・`)

 

児童扶養手当は、主にひとり親家庭のかたが支給されるものです。

 

「パパンダ家は、ひとり親じゃない」って?

そうですね。

 

パパンダ、ママンダ、子パンダ、子パンダの4人家族です。

妻(ママンダ)が精神障害者なので、児童扶養手当を支給されているんですぞ。

 

さて、僕は今フリーランスです。

平成30年(2018年)、がんばって働きました。

 

この結果次第で、令和元年(2019年)の児童扶養手当の支給額が決定します。

結論からいえば、一部支給停止になっちゃったんです。

 

その経緯を、記録として書いていきます。

さらします!

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

 

【目次】

 

平成29年(2017年)の年間家計簿 

このブログでは、パパンダ家の家計簿を公開しています。

さらしています。

 

▼ほぼ無職だった、平成29年(2017年)の年間家計簿は、ひどいものでした。

www.papanda-life.com

 

▼結果は、こちら。

  収入 支出
合計 3,317,179円 4,574,910円

 

1,257,731円の超赤字でした。

 

こんな状況だからこそ、平成30年(2018年)の児童扶養手当は、満額支給だったんですよ。

 

平成30年(2018年)の年間家計簿

 

▼平成30年(2018年)の年間家計簿の記事は、こちら。

www.papanda-life.com

 

▼結果は、こちら。

  収入 支出
合計 6,103,330円 5,548,289円

 

555,041円の黒字でした。

 

「収入」は、実際に入ってきた金額です。

まるっと、年収というわけではありません。

そして、フリーランスで活動してきた報酬額でもありません。

 

妻の障害年金や、児童手当、児童扶養手当などなど、さまざまなお金が含まれています。

 

平成29年(2017年)と比べ、余裕が出ていますよね。

この状態では、児童扶養手当がどうなるのでしょか!

 

令和元年(2019年)の児童扶養手当支給額はこうなった

令和元年(2019年)の児童扶養手当支給額は、以下のような通知が届きました。

児童扶養手当支給停止通知書

 

16,450円が支給停止となり、支給額は36,600円です。

一部支給だけでも、ありがたやありがたや。

 

▼このような、所得制限限度額表ってのがありまして。

所得制限限度額表

引用:児童扶養手当の所得制限と一部支給手当額の計算について

 

▼そして、以下のような決まりです。

  • (A)未満ならば全部支給の手当額
  • (A)以上(B)未満ならば一部支給の手当額
  • (B)以上の場合は、全部支給停止となり手当は支給されない

 

「(A)以上(B)未満ならば一部支給の手当額」に当てはまったってことですね。

 

一部支給の手当額の計算方法が本当かどうか計算した

絶対にあっていると思うんですけど、念のため計算してみました。

 

▼計算方法は、以下の数式です。

  • 1人目月額=42,900円-{(受給資格者の所得額-全部支給所得制限限度額)×0.0229231}
  • 2人目加算月額=10,130円-{(受給資格者の所得額-全部支給所得制限限度額)×0.0035385}

 

もう、なにがなんだか…。

{ }←のなかは、10円未満四捨五入とのことですが、面倒なのでそのままやってみたよ。

 

▼1人目月額

42,900円-((2,250,854円-1,630,000円)×0.0229231)=28,668.1016726円

 

▼2人目加算月額

10,130円-((2,250,854-1,630,000)×0.0035385)=7,933.108121円

 

▼1人目月額+2人目加算月額

28,668.1016726円+7,933.108121円=36,601.2097936円

 

はいはい、ざっくりあってる、あってる。

 

収入が増えれば児童扶養手当の支給額が減るってこと

児童扶養手当は、セーフティーネットです。

 

だから、収入が少ないときは満額もらえるし、多くなってくると支給額が一部減ったり、支給停止となります。

 

支給停止になれば、「ちゃんとした収入が得られるようになったんだ!」と思えますね。

 

令和元年(2019年)はバリバリ働いているので、令和2年(2020年)の児童扶養手当は完全になくなりそうです。

 

そのときは、またさらしたいと思います。

 

お読みいただきありがとうございました。

それでは(´・ω・`)ノシ☆

 

▼ノマド的節約術でも、こんな記事を書いていますよ。

nomad-saving.com

 

nomad-saving.com

PICK UP記事と広告

【スポンサーリンク】