パパンダライフ!

4歳・5歳の年子兄妹+0歳児を持つパパ。岡山県出身。41歳。1年間の『テレワーク/育休』の経験あり。現在フリーランス。 妻:統合失調症、妻&息子:自閉スペクトラム症(ASD)のため、サポートと育児に奮闘中。 ノマド的節約術ライター/編集。『岡山ブログカレッジ』運営メンバー、『倉敷とことこ』編集長。『一般社団法人はれとこ』理事。お仕事依頼等連絡はpapanda.life@gmail.comまでお送りください。

MENU

手がかかるから退園してほしいの?園長先生からの話しを悪い方向で考えてしまう。

なるべく話しは結論から知りたいパパンダです(´・ω・`)

 

子供達が通っている保育園の園長先生から、息子ちゃんの来年度のことについて話しがありました。

こちらを気遣って、下手な表現はしまい!という慎重さを感じましたよ。

 

ざっくり内容をまとめると『息子ちゃんのことを考えて、認可保育園や幼稚園の入園も視野に入れたほうがいいですよ』ってことでした。

 

結論をなかなか言ってくれず、結局最後の最後までハッキリとした文言はなったんです。

何がどういうことなのか未だによくわかりません。

 

だから僕が勝手に想像して、『息子ちゃんのことを考えて、認可保育園や幼稚園の入園も視野に入れたほうがいいですよ』ということにしたわけです。

 

この記事は、そんなお話しです。

 

【スポンサーリンク】

 

 

 

【目次】

 

表向きは息子ちゃんのことを考えて

f:id:papandaikuji:20171102231155j:plain

しっかりと息子ちゃんのことを考えてくれているのは、とてもありがたいことです。

現に、今通っている保育園はとてもいいところで、満足しています。

 

認可外だから保育料、超高いけど・・・。

 

園長先生が言っていたことは、以下のようなこと。

  • 新しい認可保育園ができるので、入園できる確率があがる
  • 息子ちゃんに新しい良い刺激を与えられる
  • 保育料が下がる
  • 幼稚園に行く場合は、地域の友達が増える

 

言っていることはわかるんですけどね。

僕たち夫婦の考えは、今通っている保育園に来年度も行き続けることです。

 

新しい保育園や幼稚園にいく事は 、いろいろな条件で難しいんですよ。

保育料が安くなるのは魅力なんですけどねぇ。

 

つい悪い意味でとらえてしまう

f:id:papandaikuji:20171102231318j:plain

園長先生は、こちらのことを傷つけまいと気を遣って話してきます

大変ありがたいことです。

 

でもその分、のらりくらりと同じようなことを何回も言います。

早く結論を言ってほしいなぁ』

そう思いました。

 

なので、思い切って

我が家の息子ちゃんは、扱いづらいですか??

と聞いたんです。

 

本当はここで僕も、

『退園してほしいってことですか?』

と、ド直球で聞くべきでしたが、勇気が湧かんかった…。

だから変化球の質問を投げてしまったんです。

 

変化球の質問に対して、園長先生は

「う~ん、この年(2歳半くらい)の子たちは少なからずみんな、扱いづらいところはありますよぉ」

とフォローするような返答。

 

余計によくわからんなぁ。

 

他に、園長先生の話しをまとめると、以下のようなことも言ってました。

  • 「集まれ~!」という時に、ひとりで遊んでいて『今、僕は遊んでいるから』と来ない
  • 変化に弱い
  • 若干強いこだわりがある
  • お友達を叩くことがある

 

ん、これって発達障害??

 

妻も発達障害なので遺伝かもしれない?

f:id:papandaikuji:20171102231400j:plain

息子ちゃんは、言葉を話すのは一般的な子より早かったんです。

 

今でも、大人のような一丁前な言葉をいうこともあります。

頭の回転もいい・・・のかな。

 

ええ、親バカですとも(*ノωノ)

 

その代り気になることもあるんですよね。

 

先ほど園長先生が言っていたように

  • 変化に弱い
  • 若干強いこだわりがある

その他に

  • 極端に怖がり
  • 大きな音が苦手

などなど。

 

だからと言って発達障害だとは思ったことはありませんでした。

これが普通の子なんだ、と思っています。

 

でも、妻が発達障害(自閉スペクトラム症/ASD)なので、遺伝する可能性がっっ!!

 

発達障害だから悪い、とは思っていませんよ。

妻と普段の会話で『もしかすると、発達障害になって療育に通うかもしれないね』とかよく言ってます。

 

あぁ、ついにこの時がきたのかぁ、ってな感じです。 

www.papanda-life.com

  

まずは担当の保健師さんに聞く事にした

f:id:papandaikuji:20171102231536j:plain

園長先生や僕たちが、「発達障害だ」と判断することはできません。

 

だから、いつもお世話になっている保健師さんに今度聞く事にしましたよ。 

 

保健師さんも「はい、決定!」というわけではないでしょうが、何かしらのアドバイスをもらえると思います。

 

例えば、キチンとチェックしてくれるような施設を教えてくれる。

もしくは紹介してくれる。

 

それに従い、今後の対応をしていこうと思いました。

 

▼保健師さんに話しを聞いた記事はこちら。 

www.papanda-life.com

 

園長先生からの話しは、保育園のお迎えに行ったときにされたんですよ。

その帰り道は、『一体どういうことだろう?退園せよってこと?発達障害??』とか、いろいろ考えちゃいました。

 

帰りの車のなかで、息子ちゃんに今日あった出来事をいつも通り聞きます。

あれこれと楽しかったことを素直に教えてくれますよ。

 

僕は現状、子供の発達障害がどんなものかを知りません。

だから、今話しをしてくれている息子ちゃんが本当にそうなのか、という判別もつかないです。

 

息子ちゃんは息子ちゃんなんですよね。

僕たち夫婦にとっては、今の息子ちゃんが普通に感じます。

 

もしかすると発達障害ではない、いわゆる普通の子はもっと違うのかもしれません。

 

でも比較することもできないし、子育ても息子ちゃんが初めてなので発達障害なのかどうか、さっぱりわかりません。

 

ふむ、そうならば専門家のひとに聞くのが一番です。

何かこれから、色々と忙しくなりそうな予感(´・ω・`)

 

お読みいただきありがとうございました。

それでは(´・ω・`)ノシ☆

 

▼後日の話し。結果的に、発達障害でしたよ~。

www.papanda-life.com

  

【スポンサーリンク】

 

PICK UP記事と広告

【スポンサーリンク】